ジュヌヴィーヴな毎日

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 1フィギュアスケート
CATEGORY ≫ 1フィギュアスケート
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

思い出の金銀みどりとバンクーバー

当時、ブログと言うものをしていなかったので、

誰にも言えなかったけど、

「オバサンは知っている」シリーズ?ということで、書く。



その昔、名古屋には伊藤みどりと言う偉大なスケーターがいた。

アルベールビルで金メダルを期待されながらも、銀メダル。

インタビューで、「銀メダルでごめんなさい」と言ったことを、

覚えている人も少なくないと思う。

あの時の世論は、

「ごめんなさいだなんてとんでもない」「すごいよ、みどりちゃん」だった。

また、名古屋のもう一組のスーパースター、

きんさんぎんさんがまだご存命で、

「銀が一番、銀が最高。おめでとうございます。ひゃひゃひゃひゃー」と

大喜びされていたご様子も報道されました。

日本中、そして東海地方、名古屋、みんなが

伊藤みどりの健闘をたたえ、銀メダルを喜んだのでした。

th0FWZMVUK.jpg

thRQKYN014.jpg

            



あの時、すべてが終わってから、伊藤みどりが山田コーチのお宅に起居していたこと、

伊藤家が母子家庭であること、

経済的に困難な伊藤家に代わって、西武の堤が支援していたことも、初めて明らかにされました。

思えば、つつましい時代でした。



それから16年。

バンクーバー五輪で、やはり国民的人気スケーターである浅田真央が、

銀メダルを獲得しました。

前大会で、荒川静香が金メダルを取ったせいでしょうか。

何故か、勝手に日本人は「金メダル以外はカスよっ」となってしまっていました。

度重なる浅田真央に不利なルール改正や、

韓国のものすごいキムヨナ優遇政策(高校の授業を受けなくてもスケートの練習をすればその時間が単位にカウントされる)なども知らず。

そして、次の次の次、のヒラマサ五輪のために、

国家適宜業のサムスンが全力で、キムヨナをサポートしていることも知らず。

th9CSJUDC1.jpg




また、

浅田真央が直後のインタビューで涙したことを、

学芸会の主役になれなかった子供の涙のようだという識者がいたり、

国会議員までもがブログで貶したり、

中には、今年最もがっかりさせられた日本人、などと言う年末特番が組まれ、

靴ひもが切れた織田信成とともに、銀メダルに終わった(こういう言い方は甚だしく失礼だと思う)浅田真央も取り上げられ、

100314[1]






「あのこなんてキム・ヨナに勝てる訳ないじゃないの!
最初くるくるっと回って、後はお遊戯みたいなもんなんだから・・・」

「3回転半って誰だって出来るんでしょ?」


と言い放つ人まで現れました。

まあ、当時のキムヨナには、浅田真央だろうが、誰だろうが、

絶対勝たせてもらえなかったであろうことは、事実ですけどね。



私は思いました。

ああ、今、ぎんさんがご存命だったら!!

きっと、誰よりも銀メダルを喜んでくださったことでしょう。


th6FSN08MU.jpg





真央ちゃん、世界女王おめでとう。

ギネスブック登録もおめでとう。

私は、あなたを誇りに思うよ。



これからの人生、どんな道を選ばれたとしても、幸多かれと祈っています。


スポンサーサイト

かっこよすぎて死ぬ




長野五輪!
楽しかったねー。
そして、キャンデロロ!!
フィギュアスケート男子に開眼させてくれた王子様。
今見ても素敵。
超超素敵。まあ素敵。ホントに素敵。


この時代は、フィギュアスケートと言えば欧米でした。
みどりちゃんがいくら上手でも、
スタイルが悪くて減点・・・とかいう悲しい時代でしたね。


そして、なんですか、ジャッジの国籍がはっきりと!
そうでした、そうでした。
自国の選手には、露骨に点数が良かったりして、おもしろかった。
当然そういうスコアは削除されてカウントされていたんだっけ。
今やジャッジの国籍はISUの特定秘密。

では、皆殺しロミオもどうぞ。

スターズオンストリート

大阪の大丸前で弁当を食す、フィギュアスケート界の至宝たち。





右上、フェルナンデス君は、フリルを着た阿修羅との疑惑がありましたが、

彼女がいるそうで。

残念。

コストナー選手、股関節柔らかいですね。さすがです。


佐野稔大先生

ひとりだけSPとフリーを滑り切った浅田真央 文句なしの金メダル【フィギュア世界選手権】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140331-00010001-noborder-spo


あっちこっちで評判よね。

この、もしかしてゴーストライターが書いたのでは?というくらい、

SP直後の発言とは真逆なことを言い出した、

佐野稔大先生。


佐野稔先生は、スター(だったわ)よ。

そして、「みどりちゃん、みどりちゃん」と

伊藤みどり先生黄金期には、猫なで声で解説していたわ。


でも、ひるおびで、

「私は続けてほしい」ってはっきり言ったのを、この耳で聞いたわ。

あなた、韓国平昌五輪実行委員会と朝鮮スケート連盟日本支部と日本のマスコミから、

指令が出たのね。

真央sageはしばらく禁止。

潮目が変わったから、これからは持ち上げてファンを懐柔して、

4年後を目指させるんだっ。


もう、素直に何も信じられなくなっちゃったよ。

大手新聞がいうことだから正しい、とは限らないってことを、

教えてくれてありがとね。

佐野先生。

日本よりはるかに、インフラ、食生活、選手層、そして国家の安全保障でさえ劣る韓国で、

わざわざ大事なを子弟を合宿させたい日本人の保護者なんて、いないと思うけど。



あなたがいい加減なことを言って、ご飯が食べられるのも、

みーーーーーんな、浅田真央のおかげだから。

あ、大輔さんや美姫ちゃんもだけどね。

よくよく考えて物を言うように。

OK?

オープニング動画 英語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。