ジュヌヴィーヴな毎日

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 海外情勢
CATEGORY ≫ 海外情勢
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

国務省と国防総省

「中国の姿勢に懸念」とハリス米太平洋艦隊司令官 クリミアを例にあげ

2014.3.21 22:48

 米太平洋艦隊のハリス司令官は21日までに、ロシア編入が事実上完了したウクライナ南部クリミアの例を挙げ「クリミアのような事態を回避することが全ての国の責務」と述べた。同艦隊は尖閣諸島(沖縄県石垣市)や南シナ海をカバーしている。英紙フィナンシャル・タイムズが伝えた。

 司令官は同紙に対し、海洋進出を強める中国の影響により、アジア太平洋地域での緊張が「過去30年で最も高まっている」と懸念。

 また「中国の透明性を欠いた姿勢や報復主義的な傾向に懸念を持っている。こうした姿勢が地域を不安定化させている」と述べた。

 会合に出席した中国人民解放軍の孫建国副総参謀長は、緊張の高まりは中国の責任ではないとして「争いに乗じ、自らの戦略的目標を実現させようとする国もある」と米国をけん制した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140321/amr14032122490014-n1.htm



   


そりゃあ、最前線に立ってる国防総省の制服組のトップと、

親中路線をひた走る民主党が率いる国務省とでは、

危機感が全く違うでしょうね。

尖閣諸島が取られることの恐ろしさを、いちばんよくわかったるのは、このハリス司令官でしょうね。

ウクライナ問題で、ロシアに経済制裁を発動したというのに、

そのロシアに同調している中国に、

人質要員みたいに大統領夫人と令嬢を中国に差し出すなんて、

アタマがいいのか、馬鹿なのか、

私には判断できないです。


   

同盟国の日本にいらしたことってありましたっけ?

個人的な好き・嫌いだけで、いろいろやられちゃたまりませんわ。

まして!

選挙で選ばれたわけでもない「夫人」の外交で、何かが決められたら、

私がアメリカ国民なら、ホワイトハウス前でデモしますけど。


それから、この方にも要注意ですので。 

クリントン女史とアウンサンスーチー女史。

   

この立派な建物は、ホテルではなくて、アウンサンスーチー氏の自宅。

軟禁されたと聞くと、2DKのアパートの一室でじっとしているというイメージがありますが、

裏庭には湖もあり、大規模集会も会議も開けるような大邸宅です。

簡単に言うと、ミャンマーの特権階級の人なのです。

お洋服が違うことからもわかるように、

お二人は何度も対面しています。

どちらも、慰安婦問題に関して、ものすごく韓国寄りの方たちです。

アウンサンスーチーさんに関しては、京都大学留学時代に、

ひとことも日本語を話さなかった、英語で通したという情報もあります。

全然、親日家じゃないですよ。









スポンサーサイト

海外メディアという羊頭狗肉

ワシントンポストや、ニューヨークタイムスの日本特派員が、
いわゆる西洋人ではなくて、
左翼日本人か、帰化日本人かわかりませんが、
日本名を名乗る方であることは、
何度もお伝えしました。

今日は、ロイター様についてです。
ロイター社は、
元々はイギリスに本社がある、「正確迅速公正」な報道をする第一次ソースの報道機関でした。
ところが紆余曲折を経て、
今は、カナダのトムソングループに買収され、
正式にはトムソン・ロイターとなっています。
180年代には経営が悪化し、経営の多角化を図り、
金融情報サービスに注力し、
営業収益の95%を占めています。
既に、ブルームバーグを超えたとも言われています。
記者のモラルの低下も言われて久しいです。
日本では、問題のある証券会社のセミナーで、
記者が講演をしたりしています。
9.11のNY世界貿易センタービル爆破事件についても、
テロリストという言葉を使わなかったり、
アメリカでは「左派である」と認識されているようです。


そしてロイターで日本経済の記事を書いているのも、
日本人です。
決して外国人特派員による記事ではないのです。
たとえば、
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA2I0A820140319?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0
これを書いているのは、中川泉さんという方、編集は石田仁志さんという日本名の方です。

抜粋してみましょう。

<外交が海外事業の障害に、安倍首相には苦言>


海外ビジネスにとって、安倍首相の外交姿勢が障害になるとの見方も広がっている。靖国神社参拝などが事業展開に何らかの影響を及ぼしている、あるいは懸念されるとの回答は全体の25%。影響はないとの回答は46%だったが輸出型産業からは「靖国参拝など近隣諸国に配慮した外交が欠如している」(輸送用機器)、「中国、韓国のみならず世界中が敏感な歴史認識問題について、もっと謙虚になっていただきたい。強弁は日本に対する信頼を失い、経済面だけでなく、日本人の国際的な地位の観点からも国益を損なう」(電機)といった批判が相当数に上っている。

影響がないという回答が46%、あるという回答が25%で、
倍近く差がついているにもかかわらず、
見出しは「安倍外交に苦言」。
内容も、「ない」という回答は一つもピックアップせず、
「ある」という回答ばかり拾っていますね。
業界によって影響がある無しは、当然の話ですので、まったく意味がないです。
むしろ、トルコやアフリカ、中東などでトップセールスをしたのですから、
恩恵がある企業の方が多くて当然なのですが、
そこは拾いません。
また、歴史認識問題についてもっと謙虚になっていただきたい、という企業経営者には、
逆に伺いたいくらいです。
  

上はひざまずき外交でグルと出てくる画像


謙虚とは、一体どういうことか。
悪うございましたと頭を下げ続けることで、日本国として得るものがこのあとどれくらいあるのか。
敗戦国であるという事実を受け止めることが、冤罪のようないわれなき罪を背負うことが、
はたして「国益」にかなうことかどうか、それを今一度考えて頂きたいものです。
頭を下げ続けて70年、
得たものはさらなる謝罪と賠償要求だけ、という事実を、
この企業経営者は、危機管理の担当者として、どうお考えなのか。
とりあえず謝罪記者会見をすることで、
一旦の非難は収まるという、日本の風習は、
世界的に見ても、かなり異質なことです。
裁判で判決が下りて、初めて被害者にのみ謝罪するだけです。
気軽に謝ることが、どれだけのが害悪をもたらすか
経営者なら、肝に銘じておいてほしいですね。





プーチン閣下

プーチン閣下、

ついにクリミアを編入する宣言をしてしまいましたね。


まず最初に思ったのが、

「ああ、もう北方領土は帰ってこないな」でした。

北方領土に住むロシア人に住民投票でもさせれば、

ロシアへの帰属を求めるに決まっていますので、

同じことやられたら、もう全然歯が立ちません。



それにしても、

ウクライナの最初のクーデターは、一体誰が仕掛けたんでしょうか。

こうなってみると、ホントのところが分からなくなってきました。

ここまでプーチンは読んでいたのでしょうか。

スノーデンはどこまで知っていて、どこまでプーチンにしゃべったのでしょうか。

ロシアの、

「住民投票による帰属決議」や

「自国民の保護」を認めてしまうと、

我が国にとっては、恐ろしいことにつながってしまいます。

日本政府高官の中にも、

中国が尖閣に進出してきたことを想定する発言をする人が、

出てきたようです。

私もそう思います。

ロシアとしては、クリミア半島はもともとソ連であり、ロシアであるという考えなので、

彼らとしては、現状の国境を変更しないという戦後体制にふれるとは

全く思っていないようです。



地方参政権なんてとんでもないです。

例えば対馬。

例えば石垣島。

例えば伊豆大島。

例えば小笠原諸島。

例えば北海道。

例えば新潟。

例えば浜松。


どこかで、外国人の地方参政権が認められ、

もしそこに、住民の半数を超える中国人が住み着いたら?

そこはもう、合法的に「中国の植民地」になります。

もしそこの議会が、

「日本からの独立」を宣言したら?

そこに「自国民の保護」を理由に人民解放軍が侵攻してきたら?

従来からそこに住んでいた日本人の保護のために、

自衛隊も送るの?

戦闘行為をするの?


集団的自衛権について、

未だに

「アメリカの戦争に日本が巻き込まれる恐れがある」と

大真面目に言ってる人がいるけど、

むしろ、

「アメリカが日本の紛争に巻き込まれる恐れがある」

という時代になってきていると、

そろそろ目覚めてほしい。

そして、

現状、アメリカは、日本のために中国と戦う気は、無いでしょう。

オバマの義兄弟には中国人がいますし、中には中国でビジネスを展開している人もいます。

ケリーの親族も中国人の子供を養女に向かえたりしていますので、

心情的にどうしても中国・韓国寄りなのでしょう。

なので、偏った歴史認識にもなろうというものです。

また、アメリカ国際の最大保有国は、今や中国です。

中国と一戦を構えることは、

今のアメリカにとっては自殺行為なのです。

なので、

あの謎のマレーシア航空の失踪事件でも、

妙な米中馴れ合いからも、それがうかがえますね。

日本も、本当に強くならないと、

50年後には、どうなっているかわかりません。

アジアの小国でいいではないか、などとのんきなことを言う人もいますが、

一旦国力が下がり始めると、

この程度でいいだろう、なんていう甘い予測を裏切って、

坂を転がるように弱小国家になります。

そのつけを払わされるのは、今の子供たちなのです。

大人の我々は、きれいごとなんか言ってないで、

なんとしても、ここで日本をがっちり立て直さないと、

大変なことになります。

いずれにしても、日本にも強いリーダーが、必要な時代になりました。

お金さえ払えば相手が黙ってくれる時代ではなくなったようです。




ウクライナの彼、NYへ行く

オバマ米大統領、ウクライナに全面支持を約束- 最新ニュース|MSN トピックス


ヤツェニク暫定首相と、オバマ大統領。

このヤツェニクさんは、アメリカの後押しで、政変完了後、

大統領に収まる気なのかしら。

そういうの「傀儡」って言うと私は思ってたんだけど?

カルザイ大統領、古くは李承晩大統領が誕生したみたいなものかしら。


よくわからないけど、

ものすごい自国が混乱しているのに、

それは部下に任せて、

すごーーーーい遠くにある、まったく歴史的にも接点の無い、

その上最近は国際問題でケチばっかりついているオバマ政権に、

はるばる会いに行ってお願いするって、

なんだろ、

気持ち悪いんですけど。

これで、ウクライナ国民は嬉しくて安心なわけ?

無駄にアメリカの戦力を引き込んで、冷戦の最前線にまたなりたいわけ?

私には、この方たちを思い出させるのよね。

   



私なんて、北方領土、竹島、尖閣諸島とやられっぱなしでも、

援護射撃すらしてくれない同盟国様に対して、

今は不信感しかないんですけど。

(あれほど長いことソ連に不法に占拠されていても、

ずっと放置だったわねえ…実質、あそこも東西冷戦の最前線だったのにね。

竹島にいたっては言わずもがなよ)

シリアの時も、オバマは早々に攻撃を表明していたでしょう?

要するに、中国様の関わらないところだったら、

強気に出れる政権なのよ。

  

オバマの異父妹の夫が中国系カナダ人だったり、

また異母弟も中国人妻と結婚していたり、

オバマ政権のスタッフに中国系がいるとか、

まあ、理由はいろいろあるわね…。

2009年のオバマ大統領誕生の時は、

中国系大統領誕生の可能性について、

中国系の新聞が記事を書いているしね。

最近でのオバマの支持率は41%だとか。

かつての主たる支持層である、黒人・ヒスパニック系が離反しているとか。

そりゃそうよね。

気持ちわかるわー。


 


アメリカ人の大衆の中には、

1910年代くらいから、ロシア(ソ連)は敵っていうのと、

日本の経済力は脅威、って言うのが刷り込まれているみたいだけど、

中国に対しては、

「歴史のある文化豊かな国だけど、我々よりは劣ってる。だからこそ協力したらいい」っていう、

妙な思い込みがあると思うのよね。

そうでなければ、

一般人があれほど中国に対して危機感がないはずがないのよね。

尖閣とられて、ハワイに中国の軍艦が来て初めておののくって言うパターンなのかしら。

馬鹿だわねー。

戦前には、日本から北京・上海を守るイエロー計画って言うのもあったそうだし。


何が言いたいかわからなくなっちゃったけど、

ウクライナ様のアメリがご注進紀行のご紹介でした。

この後、ニューヨークの国連でも見学するのかしらね。

ウクライナ考②

ロシアが自国民の保護を名目に、軍隊を出動させましたね。

このことは、

有事の際に、人民解放軍が日本にやってくる可能性もある、ということです。

誰か工作員が、激しいデモを画策して、首都東京を混乱状態に陥れたら?

東京でなくても、中国人が多く住むどこかの町で、

何らかの衝突が起きて、そこから何故か大きな暴動が発生したら?

安易に若者のデモを煽っていた、細川元首相こそ、平和ボケ脳でしょうね。

日本国内には、

自国防衛を義務と憲法に定められている外国人が、

多数住んでいます。


   


アメリカが、ロシアに経済制裁をちらつかせました。

この反体制派による暫定政権、というとカッコいいですが、

結局のところ、

民主的な選挙で選ばれた大統領に対する軍事クーデター政権ですから。

もしこれが逆に、

親EU派の大統領が、親露派によるクーデターにより失墜させられていたら、

全く違うことを言うはずです。

アメリカの薄っぺらい「民主主義」にはがっかりです。

自国に都合のいい政権を作りたいだけ。

オセロのコマとしては、あのへんにもう一つ欲しいですもんね。



EUに入りたいウクライナの人々。

それにしても、長いこと待たされているトルコの立場は?

しょせんEUは白人でキリスト教徒という皆様の無尽講のようなもの。





スノーデン。

彼をかこっていたのは、こういう事を見越していたから?

50年くらいしたら、スノーデン文書とか出るのかな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。