ジュヌヴィーヴな毎日

2013年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年12月
ARCHIVE ≫ 2013年12月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

祈り



この歌を、先日の「ふるさとの風」コンサートで聴いてきました。
胸が震えました。


拉致被害者とそのご家族の皆様にも、
来年が希望に満ちた年でありますように。


それから、

東日本大震災の被害者で、まだ自宅に帰れない皆さんが、
少しでも楽しいお正月が迎えられますように。

南スーダンで命の危機にさらされている皆さんに、
一日も早い平和な生活が訪れますように。

現地で頑張っている自衛隊の皆さんが、
無事帰国されますように。


安倍政権が長期安定政権でありますように。


日本が一日も早く、
日本人の日本人による日本人のための国、
になりますように。


祈る。


改めて、良いお年を!

スポンサーサイト

ありがとうございました。

2013年、もう16時間を切ってしまいました。

皆様には、いろいろ教えて頂いたり、支えて頂いたり、

ほんとうにありがとうございました。



株価が高値を付けて引けた大納会、

1月6日は利益確定で売りに出る投資家が出ますので、

株価は下がるかもしれませんね。

そんなことは、素人でもわかることなので、

「株価暴落」という見出しが出ても、

慌てない、踊らされない知恵が、私にもつくようになった1年でした。


IMFの結果発表は3月に伸びるという噂もあります。

韓国人のIMF局長が誕生するのを待って発表する算段かもしれませんね。

前回のアジア通貨危機の時以上に、

IMFから日本に対する「アジア支援」が求められるかもしれません。

韓国は、反日カードを切りすぎてしまったので、

靖国のこともあり、直接日本に支援を求めることが出来なくなっています。

アメリカからの圧力もあるでしょう。

有権者にして納税者である日本国民は、

注視する必要があります。

そうでなくても、消費税率が上げられるので、

来年は一時確実に税収は下がるでしょう。

その上で、韓国支援をすることに、何の益があるのか、

よく考えてほしいと思いますね。


南スーダンは、今日現在もまだ戦闘中で、

もう完全に内戦になっていますので、

国連の早い決断が望まれます。

PKOからPKFになると、自衛隊の立ち位置も変わりますから、

南スーダンから撤退、という事態もあるかもしれないですね。

国内法が変わらない限り、仕方ないことです。


アメリカのオバマ政権の無能さが、より際立つ年になると思います。

予算が通らなくて、国の機関が止まるとは、本来なら先進国にあるまじき異常事態です。

オバマ政権は、国民生活を人質に、議会運営を図ったのですから、

悪質です。

レームダックも近いことですし、

日米同盟に過剰に期待しないことです。

それにつけても、日本の集団的自衛権に反対する、

韓国はほんとうに、何を考えているのか、さっぱりわかりません。

いや、反日、なんでしょうけど。

日本憎しで、本来の敵がどこにいるのか、見えなくなっているようです。


そして、そんな韓国の迷走と、東アジアの混乱を推し進めているのが、

なんのことはない、

日本国内にいる反日日本人という悲しさ、あほらしさ、恐ろしさ。


一介の主婦ではできることは限られていますが、

こういうブログがかけるだけでも、

時代は変わったと思います。


来年も出来ることからコツコツと、頑張りたいと思います。



日本を取り戻す。


そして、真央ちゃん、金メダルクラッカー


良いお年を!


ありがとうございました。

印象操作

朝日新聞社系の雑誌の表紙。

有名な表紙一覧をご覧ください。


注目すべきは福田首相の扱いです。

何故か一人だけ、突出して好意的な扱いでしょう?

この方は、親中派で有名です。



中国政府の都合のいいことしか書かないことで、

文革の時代も中国に支局を残し続けることのできた朝日新聞。

もしかして、当時日本人に、

「中国に支局が置けるのは朝日新聞だけ。

中国のことを一番知ってるのは朝日新聞だけ。」と

いい加減なことを言って、

偉そうにしていたのではないでしょうか。

誰か、オトナの方、教えてください。




no title







週刊朝日



週刊朝日週刊朝日


再スタートって、政権取ってから1年持たないって、どうなの?

それにしても、この自由主義の国日本で「革命」・・・・。



週刊朝日

サザエさんでごまかしてるけど、嘉田知事ってあれっきり、政治生命を絶たれたも同然ですよね。

週刊朝日

この悪意のある画像処理。

高校と証明がついていましたよね?テレビ中継ですから。                  



ゲンダイ

同じ過半数超えも、民主と自民では、こうも扱いが変わります。


週刊朝日

どれ一つ、実現しませんでしたね。

公共事業の無駄撲滅で、防波堤建設がキャンセルされ、福一が津波に襲われましたとさ。

日経平均株価1万3千円突破ですって。ぷはははは。

朝日新聞は、テレ朝使って「株価が上がっても我々の生活は少しもよくなりません」キャンペーンを開催していますが、

本当は、株価が上がることは佳きことと、認識していらしたんですね。

当たったのは、東京オリンピック招致成功だけ!

しかもやったのは、安倍総理と猪瀬都知事という組み合わせ。

いろんな意味で笑える。

柴犬派

リアルスパイ@アメリカ

ハリー・ホワイト(左)

WhiteandKeynes.jpg

日米開戦時の大統領、ルーズベルト政権の財務次官補。

顔を見ればわかるように、ユダヤ人です。


第2次世界大戦が勃発すると、ソ連援助を目的とした武器貸与法の法案作成に参画し、

これは1941年3月に成立している。

1941年11月17日に「日米間の緊張除去に関する提案」を作成し、これがのちの「ハル・ノート」につながたった。


IMFの生みの親ともいえる人。ドルを基軸通貨にした人。

1948年、ソ連のNKGB(国家保安人民委員会、KGBの前身)の在米責任者ボリス・ブコフ大佐指揮下の秘密工作機関について知る限りを証言、その中に彼の名前があったため、非米活動委員会に召還された。

本人は否定したが、下院非米活動委員会]に出席した三日後、ニューハンプシャー州の自分の農場にて心臓発作により死亡。

自殺と言われていますが、私は他殺かも、と思います。

ソ連コミンテルンのスパイであったことが、ベノナ文書]により確認されています。


日本が、アジアで勢力を増していくことが、単に気に入らなかった、当時の新興国アメリカ。

社会主義革命を世界に広げたかったソ連。

双方の利害が一致して、日本はどんどん追い詰められ、開戦に至りました。

今振り返れば、日露戦争の後の遼東半島割譲に対する三国干渉とか、

日本を追いつめるABCD包囲網とか、

とにかく資源の無い日本を追いつめて戦争に持ち込んで、

叩きのめそうとしていたということが、まるわかりですね。

そして、ソ連のスパイがアメリカに入り込んでいたという事実から、

最初っからソ連は、日ソ不可侵条約なんか守る気はなく、

だからゾルゲを日本に送り込んで、

軍の動静を窺っていたんですね。

まさに、「はめられた」ってやつです。


今の感覚で、戦争はダメ!とか、他国に進出するなんて日本が悪い!ということは簡単です。

しかし、当時、力のある国は力の無い国、簡単に言うとアジアやアフリカにどんどん進出し、

植民地化していました。

それが、言ってみれば当時のグローバルスタンダードだったのです。

それなのに、アジアの人々を苦しめたとか何とか言って、日本だけ責められるのは、

まったくおかしな話です。

もちろん他国を植民地化することは、絶対にいけません。

ですので、戦勝国も敗戦国も、等しく裁かれるのが、本来ですよね?

まして、事後法で作られた、A級戦犯の罪状、

日本語ではイ=平和に対する罪、なんて言ったら、

ルーズベルトもスターリンも、該当するでしょう。

C級はハ=人道に対する罪、となったら、

原爆作ったやつと落としたやつと落とすように命令したやつ、

全員該当しますよ。

東京大空襲も、前もって東京の街の模型を作って、

燃える時間等を計算して、

環状に焼夷弾を落として外に逃げられないようにして、

内側に爆弾落としまくったっていう、悪魔のような所業を、

一般市民に対してしたという、これが「人道に対する罪」でなくて、

何が人道に対する罪だ?という気がします。



今もスパイはいますね。

007のような派手なことはしないのが、本物のスパイです。

地味で目立たない人の方が、むいています。

そして、スパイは笑い事ではありません。

ホワイトのようなスパイが暗躍して、

あの世界を二分する大戦争が起きたのですから。



かつてスパイのけもの道、というのがあったと聞きますが

日本は今でもスパイ天国と言います。

やっと特定秘密保護法ができたくらいですから、

素人でもそうだろうなと思いますね。



南スーダン事態は悪化の一途

南スーダン・ボルに反乱軍民兵が進攻か 国連、武装集団を確認

南スーダン・ボル(Bor)の空港を反乱軍から奪還した政府軍の兵士ら(2013年12月25日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】国連(UN)は29日、政府軍と反乱軍の戦闘が続く南スーダンの要衝ボル(Bor)近郊に、武装した複数の集団を確認したと発表した。


 国連の偵察機が、東部ジョングレイ(Jonglei)州の州都であるボルの近郊50キロの地点に複数の集団を発見したという。ボルはこれまでに、同国のサルバ・キール(Salva Kiir)現大統領とリヤク・マシャール(Riek Machar)前副大統領との間での権力闘争の中心的舞台となってきた。


 南スーダン情勢をめぐってはこのほど、マシャール前副大統領を支持する若者たち数万人が武装してボル周辺で集結し、政府軍を攻撃するためにボルに向かっているとの情報が出ており、国連が「極めて憂慮」していると表明したばかりだった。(後略)

http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryinsertinput.do



ボルは、ご存じ、韓国軍が駐留している都市です。

まさに、内戦の主戦場になろうとしています。

銃弾は足りている、

予備を借りただけ、

集団的自衛権の行使のための口実にしている、

武器三原則に反している・・・なんて、悠長な話をしている場合ではないのです。

まさに、事件は現場で起きている。

待ったなしの状態なのです。

現地の韓国軍の皆さんは、どんな心持なのでしょうか。

帰国されたら、きっと「自衛隊から恩着せがましくされた」とか言っちゃうんでしょうけど、

それも命あらばこそ、です。


潘基文国連事務総長も、

何年も前に終結して、条約も結んだ戦争のことでごちゃごちゃいう暇があったら、

南スーダンに赴きなさいよ。

せめて、隣のスーダンとか、エチオピアくらいには行けるでしょう。


潘基文先生の登場で、中韓の靖国批判が一気に胡散臭いものに感じた人は、

世界中にとても多いと思います。

それくらい信用の無い、無能の誉れ高き潘基文先生。

韓国製品を国連に導入しまくり、

東海のビラを国連で配り、

韓国交響楽団を国連のコンサートに出させたり、

国連の車をヒュンダイにしたり、

韓国人スタッフを大量に雇ったり、

一発屋の韓国人タレントと写真を撮ったり・・・・

国連の権威を失墜させた事務総長として、

世界史に残ることでしょう。

中国、海外メディアに圧力 記者用ビザ更新で遅延

中国が締め付け強化、ビザ更新拒否など-外国記者会が批判

12月10日(ブルームバーグ):北京の中国外国人記者クラブ(FCCC)は9日の声明で、中国政府がブルームバーグ・ニュースやニューヨーク・タイムズの記者のビザ更新を拒否するなど、過去1年間で外国の記者に対する「否定的な傾向」が示されていると指摘した。

声明は「中国当局のビザ発給拒否や承認遅延が急増しており、取材活動に影響を与えようとしているのは明白だ」と批判。「ニューヨーク・タイムズやブルームバーグの記者は今年、1人も年次の居住ビザ更新ができず、異常で説明のない遅延に直面している」と指摘した。両社の特派員は中国指導者の一族の財産について調べた記事を執筆したが、ビザが更新されなければ年末で国外退去の可能性がある。

FCCCが声明を出す前に訪中したバイデン米副大統領は5日、中国が報道の自由を拡大し、中国政府への批判的報道で米報道機関を不当に扱う政策を改める必要があると発言していた。声明によると、これ以外にも外国人記者に対しては、中国の一般市民への取材制限が強化されるなどしている。

中国外務省の洪磊報道官はFCCC声明に関して、同国が常に「外国の記者やメディアに関する案件に法や規制に沿って対応している」とコメント。ブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーの広報担当タイ・トリペット氏はコメントを避けた。

ニューヨーク・タイムズのジル・エイブラムソン編集主幹は電子メールで、「重要で注目される記事を書くには中国での自由な取材活動が不可欠だ」とした上で、同紙が「中国での取材活動に大きく関わっており、スタッフが通常の仕事を続けられるよう切望する」と述べた。

原題:China Tightened Foreign Reporter Restrictions in 2013,FCCC Says(抜粋)



同じ内容の記事が、日経にも挙がっていました。

11月には、ロイターの記者のビザが発給拒否されています。


日本にあるNYT様が、あれほど中国政府の代弁のような記事を書いているにもかかわらず、

中国当局から、疎まれているようです。

日経によると、政府要人の不正蓄財についての記事を書いたからとか。

どんなに配慮したり、よいしょしたりしても、

意味がないんです。

文革の時、追い出されなかった記者はたった9人で、

そのうちの一人は朝日新聞の記者。

1970年当時の朝日新聞社長の広岡知男先生はこう言っています

「報道の自由がなくても、あるいは制限されていても、そういう国であればこそ、日本から記者を送るということに意味があるのではないか。私が記者に与えている方針は『…こういうことを書けば、国外追放になるということは、おのずから事柄でわかっている。そういう記事はあえて書く必要は無い…』こういうふうに言っている」

何言ってるのか、わかっていないんですかね。

朝日新聞は、新聞ではないです。

まだ、「赤旗」の方がまし。

あれは、「共産党の広報誌」とちゃんと名のってますからね。

朝日、毎日は、タダの卑怯者です。


風水に騙されるな。

   
2014年版 李家幽竹の幸せ風水 2014年版/世界文化社
¥840
Amazon.co.jp

女性なら、たいていご存じでしょう。

李家幽竹さん

李朝朝鮮の風水をつかさどる家系に生まれ、それを伝えている、風水師。


それまでのおどろおどろしい風水とは違い、

きれいな小物やイラスト、おしゃれなインテリアなどで、

取り入れやすく、

私も、すっかりはまったことがあるので(講演会にも行った)、

人のことは言えませんが、

それでも、突っ込みどころはある、とは思っていました。


李朝ってそもそも滅んでしまったし、とか、

この人って、要するにザイニチだよね?とか。

そしてこの方を最初にテレビで見たのは、

確か10年以上前のフジテレビの番組だったはず。



この方がお正月の迎え方で、ずーっといってらっしゃることがあります。

それは

「元旦には水に触れてはいけない。

手洗いも最小限に。

お風呂もダメ。

出来れば手袋をして炊事して!」


ところが、日本の本来の伝統的なお正月の行事には、

「若水取り」といい、まさに世も明けやらぬうちに、

井戸まで出向き真新しい水を汲み、神棚に供えたのち、それをいただく。

それで邪気を払う、というもので、

真逆の習慣なのです。


風水とか何とか言って、

朝鮮の習慣を日本に広めていただけ。


李朝朝鮮のころの朝鮮は、

こんな感じ。


http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryinsertinput.do

「最近朝鮮事情~朝鮮の人々」明治39年 荒川五郎 著

によりますと、

・衛生観念は全く無く、獣に近い
・勤勉とか責務という観念は無く、雨が降ったらそこらじゅう水だらけになるので仕事をしないで呆然としている。
 ・雨が降って水が濁っても、ろ過して使うという事をしないで濁ったまま水を使う。とにかく衛生観念が無く、伝染病がはびこっている。
・濁っている水だろうが、小便や糞が混ざっている水でも平気で飲む。とにかく不潔で、味噌と糞も朝鮮人にとっては一緒だ。

という状態だったので、

水=不潔、だったのでしょう。

どの国の伝統文化も、その土地の自然環境や歴史にのっとっているので、

あちらの国で、お正月に水に触れることは、それは忌避すべき事態だったのがわかりますね。

納得できます。

正月早々、そんな汚いものに触れるのは、奴婢などで十分だったのでしょう。

当然の生活の知恵です。



しかし、日本は、世界にも有数の水のきれいな国です。

どこにでもきれいな水の出る井戸が、そこらじゅうにあった国ですので、

お正月こそ、きれいな一番水を飲もう、というのは自然なことです。



これは韓国の悪口を言っているのではありません。

ただ、文化的背景を正直に言ってるだけです。

水の利便が悪い土地には、その土地なりの生活の知恵が出てくるのは当然で、

賢いことだと言っているのです。



というわけで、

風水好きの方も、安心して元旦にお水を使いましょうね。

いやむしろ、

お正月こそ、お水に触れて清めよう!



そもそも、

開運のコツは、

①掃除=日本の神事のほとんどはお掃除。神職は一日中掃除しているようなもの。

 だから、小中学校で子供にそうじさせるのは、理に適っています。

 清掃業の方の社会的地位が、日本では決して低くないのも、

 日本人が掃除の大切さを知っているから。

②和顔=日本風の顔という意味ではありません。

 和やかな明るい顔、という意味です。

 口角を上げるだけで、運気が上がると言います。

 実際、意識して高格を上げると、気持ちがちょっとだけ軽くなります。やってみて。

 口角が下がっている有名人と言えば、浜矩子先生・・・・

③感謝=言うまでもありませんね。

 生きてることに感謝。周りの人やものに感謝。親に感謝。夫や妻に感謝。


それだけなので、

今すぐあなたも雪崩のような幸運に見舞われますよー。



追伸:


鬱等精神的な問題で、明るい気持ちになれないという方。

無理して明るい気持ちになる必要はありません。

真っ暗な中にいるんだということを、わかっていれば大丈夫。

明るくなれない自分を責めないで。

動けない自分も責めないで。

責めていると、どんなに休んでいても頭が休まりません。

「今日は休み」「今は休み」でいいんです。

動けない自分を責めつつ横になっていても浸かれるだけなので、

休みを満喫しているのだと思ってくださいね。



 

何様のつもり










【紙面審ダイジェスト】特定秘密保護法 なぜ成立を許してしまったのか、検証を

2013年12月27日

http://mainichi.jp/journalism/news/20131227org00m040005000c.html



内容は長いので、URLを参考にしてくださいね。


簡単に言うと、

特定秘密保護法をつぶすためにキャンペーン貼ったのに、間に合わなかった。

なんでだろ?

ああすればよかった、こうすればよかった、

そうすれば世論を「特定秘密保護法反対」に誘導できたのに、っていう、

そういう討論をしています。

これ、

「新聞は意図的に紙面を作って世論操作をしています」

って告白してるようなものなんだけど、

それが悪いことってまったく思っていなくて、

公平公正な報道なんて、する気がありません、

って宣言しているのも同じ。


新聞記者って、ここまで頭悪いの?

せめて、

「これこれこういう風に間違っているのでわが社は反対します」とか

そういう体裁も取れないのかしら。


もう新聞は読まなくていいよ。

まじで。

ワシントンポストがひどい

チコ・ハーランさんに送ったメールが返ってきてしまいました。

納得いかないのでリトライしようと思ったら、元記事にあったライター名がない…

しかし、今度は読者がコメントを付けていた。


もう・・・・すごく、ひどい。


みんな靖国神社を戦争賛美の神社だと信じていて、

日本が韓国と中国を侵略していて、何万人も世界中で殺したのに反省がない!

相変わらず軍国主義だ!とわめいている。


アメリカさんて、植民地持ってなかったの?

ベトナムで人殺ししなかったの?

少なくとも、韓国と日本は戦争してないよ?

靖国神社は戦争神社ではないよ?


どうしたらいいのかわからない。

とにかく、これまで後れを取った分を取り返さなくては。


中曽根参拝以来自粛した結果が、これよ?

あの時、中国のイチャモンに配慮した結果、

世界はどう思ったかというと、

「やっぱり靖国神社って、そういうとこなのね」って思われちゃっただけっていう。




どこから手を付けたらいいかわからない。

日本国民の82パーセント近くの人が支持している、という情報まで、

コメント主はつかんでいたわ。


私、これまで早すぎる英語教育ってくだらない、って思ってた。

でも必要かもね。

きちんとした歴史教育とともに、英語教育を。

大抵バイリンガルな人って、

自虐史観にとっぷり浸かってる人が多いし・・・。

それ以前に、

帰国子女って、日本史学べないし。


英語が苦手な日本人は、

ネットの社会でも発信力が弱い。

移民の多い中国人や韓国人には負ける。


歴史を知ってるから偉いとか言わないで、

やりたい人がやればいいとかクールなことを言わないで、

もっと本気で考えないと、

またもABCD包囲網が出来ちゃうよ?


悔しくて泣ける。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。