ジュヌヴィーヴな毎日

2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

いつ誰が決定したのでしょうか。

朝日新聞

20140131153120_1_1


こんな大事なこと、いつの間に決定されたのでしょうか。

東京都知事も不在、この間実行委が立ち上がったばかりなのに。

協力って何よ?

ビザなし渡航を延長するくらいしか思いつかないわ。


朝日新聞お問合せ先

カスタマー サービス 0120 33 0843

http://www.asahi.com/shimbun/reference/faq01.html#qa104


【東京本社お客様オフィス】
ご意見:03-5540-7615
お問い合わせ:03-5540-7616
(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)
【大阪本社】
06-6201-8016(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)
【西部本社】
ご意見:092-477-6010
お問い合わせ:092-477-6370
(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)
【名古屋本社】
ご意見:052-221-0337
お問い合わせ:052-221-0347
(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)
【北海道支社】
ご意見:011-222-5044
お問い合わせ:011-222-5045
(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)

お問い合わせフォームはこちら。

スポンサーサイト

外務省は伏魔殿

太平洋戦争(というのはGHQの呼び方で、日本が閣議決定した呼称は「大東亜戦争」ですが、そういうと、右翼と言われてしまうので、ここでは太平洋戦争ということにします)のきっかけになった、

日本の真珠湾奇襲攻撃って、

本当は、アメリカ側は暗号を解読して、承知していた、という説がありましたね。

これはどうも本当のようです。

というより、むしろ、アメリカが日本の開戦を誘っていたんですね。

当時のルーズベルト政権は、外国での戦争に参戦しないことを公約として成立した政権だったので、

日本を遣り込める口実を探していたのです。

日本がアメリカの脅威になったのは、日露戦争の勝利からです。


最近知ったのは、日本の真珠湾攻撃を告げる「宣戦布告」

これを在米日本大使館は受け取っていたのに、

前日の送別会のせいで遅刻した大使館員の怠慢で、

翻訳が間に合わず、

「宣戦布告無しの奇襲作戦」=日本は稀代の卑怯者、

になってしまったという事です。


この時の送別される大使館員は、寺崎英成

寺崎英成の娘は、日米ハーフの「マリコ」。

柳田国男の「マリコ」というノンフィクションで、知っている方もあるかと思います。

マリコ (新潮文庫)/新潮社
¥620
Amazon.co.jp
これを読むと、どんどん悪くなる日米関係を、暗号として娘の名「マリコ」として、
電話で本国と会話していたと言います。
そんな暗号、本気で大丈夫と思っていたんでしょうか?
娘が日米ハーフであることから、どう考えてもマリコ=日米関係、でしょう。
しかも、「マリコの健康状態は良くない」「かなり悪くなってきた」なんて会話していたら、
どう見ても娘がピンピンしているのに、
何の話をしているのか丸わかりです。
アタマ悪すぎ。
しかも外交官が外国人と結婚するのはタブーというのに、
ちゃっかりアメリカ人女性と大使館のパーティーで出会って結婚しています。
これを美談として本にはまとめられていますし、
尊い命を授かった何十年も前の個人の結婚を、
今更とやかく言う気はありませんが、
危機感無さすぎ。
しかもそんな危機的状況なのに、「送別会」って・・・・。
自粛しろや、コラ!です。

そんでもって、この人の帰国祝いパーティーで飲み過ぎて遅刻、って

何それ?って感じ。

そして、その人物の名は「奥村勝蔵」さん。

なんと1975年までご存命でした。

経歴をwikiでしらべますと、

1945年(昭和20年)9月27日の昭和天皇とマッカーサーの日本側通訳を担当した。

1947年(昭和22年)、昭和天皇の通訳をした際にその発言を漏らしたとして一時懲戒免官処分となったが、その後復帰が許されて、1952年(昭和27年)、事務次官になった。その後、1957年(昭和32年)よりスイス大使


なんだこれ?

これこそまさに「戦犯」なのに、なんなのこの人?

てか、なんでこの人公職追放されなかったの?

事務次官て、各府省において職業公務員(官僚)が就く一般職の職員のうち最高の地位、だそうです。

なんでそんなのになれるの?

もしかして、この人スパイ?

この日米開戦通告を送らせた功績で、事務次官になれたとか?

この人が、日本の「ひざまづき外交」の祖なの?


そこから派生して、外務省の歴代事務次官を調べてみると、

ぞーーーーーーっとすることがいろいろわかります。

外務官僚は、どういうわけか、親族で外務省に入省、重要ポストを歴任していることが多いです。

自分、父、息子、娘の夫…たまたま優秀な方が多いんでしょうけど、

なんだかとても怪しいです。

そして、気持ち悪い人もなっています。

例えば、

東郷文彦1974.2.19-1975.8.15


この方の息子が、鈴木宗男との太いパイプで様々な疑惑があり、罷免された東郷和彦

この東郷和彦をwikiでしらべると、こんな記述が。


先祖は豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に捕虜になり島津義弘の帰国に同行した朝鮮人陶工で、姓を朴(パク、ぼく)としていた。陶工達が集められた「苗代川」(現在の日置市東市来町美山)と呼ばれる地域では幕末まで朝鮮語が使われていたという。曽祖父の朴寿勝は優れた陶工で、横浜や神戸にも積極的に出かけ、外国人にも焼き物を売り込む実業家としての手腕にも長けていた。


東郷和彦さんの曾祖父ということは、事務次官であった東郷文彦さんにしてみれば「祖父」ということになります。

その「近さ」にぞっとしませんか。


さらに、その父東郷重徳

太平洋戦争開戦時及び終戦時の日本の外務大臣。朝鮮人陶工の子孫。

つまり、この人のお父さんは、朴さんだったのです。



ちなみに、東郷姓については

東郷姓は祖父の代に買い受けたものだが、同じ薩摩出身の海軍元帥・伯爵東郷平八郎と血縁関係はない。




明治のころまで朴だったけど、気持ちは日本人だったのか、それとも朝鮮人だったのか。

幕末まで朝鮮語を話していたということは、

まさしく朝鮮人としてのアイデンティティをお持ちだったはずです。

よりによって、鹿児島の名門の名を買って、どういうつもりだったのか。

戦争中も、開戦時も、外務大臣をしていた時、一体どういう気持ちでいたのか。

朝鮮併合をどう感じていたのか。

その後の李承晩ラインをどう思っていたのか。

ザイニチの帰国事業をどう思っていたのか。

朝鮮進駐軍が大挙して暴動を起こしていたのを、官僚としてどう思っていたのか。

もう恐ろしくって、気持ち悪くって、今日は眠れないかもしれません。



  どうか、普通の日本人よ、勉強して真っ当な外務省を作って!


こういう国とどう付き合えと?

「イチゴで日本に勝つ」 新品種開発10年で日本離れ
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/31/2014013100068.html

リンク貼っておきますので、読んでください。


ついでに、こんな映像もキャプチャ。

melto686


台北の高級スーパーでは、日本の「あまおう」や「とちおとめ」が大人気でした。


なんでオリジナルな特産品づくりを考えないんだろう…半島にも半島の気候に合った、

すでに伸びている農作物があるでしょうに。

日本から品種が自然に入ってくるわけないでしょう。

どこの空港でも、外国から入ってくる農作物の検疫は厳しいっていうのに。

もう、国家ぐるみの犯罪であることを告白したのも同じ。





ちょっと前に、宮崎牛の種牛の精液が、韓国人研修生によって盗まれ、

その後、何故か急に「韓牛」なるものが誕生したことがありました。



2009年10月(←正確には2009年4月)
宮崎県内の農協で 宮崎牛の冷凍精子1,300本が盗まれた


宮崎県で牛のせい液盗んだ事件 価値を十分知った者の犯行 09年6月8日
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1244389068/

宮崎牛のせい液盗難 正規価格の20倍以上で売却と供述 09年7月9日
http://www.unkar.org/read/tsushima.2ch.net/newsplus/1247144042

冷凍せい液窃盗の男に実刑 宮崎地裁、主導的役割認める 09年9月7日
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/298987/

狙われるブランド和牛、凍結せい液1300本紛失 宮崎に続き長崎 09年11月24日
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091124/crm0911241251015-n1.htm

2010年
韓国は「韓牛」という名の新ブランドを立ち上げた。 和牛にそっくりな韓国牛


民団の韓牛のページ。

http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?corner=1&subpage=498

日本の褐色和種といわれる牛は、熊本県、高知県で飼われていた韓牛をもとにした赤牛に、明治以降にシンメンタール種や韓牛を交配し、改良した品種。

だそうです。もういいから。


ちなみに、日本肉用牛振興基金協会のサイトによると、


褐毛和種

熊本県を中心に飼われている熊本系と高知県を中心に飼われている高知系があり、これらは生い立ちが多少違う。熊本系は古くから阿蘇周辺で飼育されていた牛で、朝鮮牛が土着化した阿蘇牛、矢部牛、球磨牛等にシンメンタール種を交配した雑種を改良したものであるが、高知系は明治時代に輸入された朝鮮牛とシンメンタール種の雑種を改良したものである。熊本系は毛色がやや淡い褐色であり、阿蘇周辺に放牧されて景観保持にも役立っている。高知系は鼻と口、目のまわりの部分、四肢の先端、及び尾の色が濃い黒褐色である。いずれも肉質は黒毛和種に次いで良い

http://www.nbafa.or.jp/mame/syurui_katsu.html

だそうです。


微妙に違いますね。

韓牛の起源についても調べようかと思ったのですが、

起源説が大好きな韓国人の乗っかっちゃいそうなので止めときます。


舛添さん

週刊朝日は、安倍憎しのあまり、舛添sage記事に余念がないです。

私は、安倍政権を支持しますが、正確には自民党支持者ではありません。

特に都知事選では、そうです。

なので、こう言う記事もありがたく引用します。

赤字は、特に読んでいただきたい部分ね。

元妻・片山さつき氏が激白 舛添氏の隠し子、実姉の生活保護

都知事選を優位に進める舛添氏の私生活は賑やかだ。結婚3回、離婚2回、子ども2人と愛人の子3人を抱える。「隠し子の養育費減額をめぐって係争中」との報道もあった。元妻で、自民党都連所属の片山さつき参院議員(54)にズバリ聞いた。

――都知事にふさわしい?

「都連として推薦した訳だから、そうでしょうね。今年に入り、都議団から舛添さんという話が上がったので、私は都連の総務として承認したということです。擁立には関わっていない」

 舛添氏と片山氏は1986年にお見合い結婚。しかし、2年3カ月後に離婚している。片山氏は当時の夫・舛添氏について、4年前の週刊新潮の取材に《その辺にあるものを手当たり次第に投げつける》《いくつものナイフを私の前に並べた(中略)刃先を私に向けたこともあります》と話した。

 また昨年の「婦人公論」には、《結婚したことがそもそも間違いであった》とまでぶちまけた。

――当時の結婚生活は?

「うーん、今はちょっとお話しできませんね(苦笑)。ただ、取材で話したことはすべて事実です。ウソはついていません。選挙が終わったら、聞きに来て下さい」

――今は仲が良い?

「良いも悪いも普通ですよ。私が作った法案を、新党改革(当時は舛添代表)と国会に提出したこともあるし、議場で挨拶くらいはしていました。テレビ番組でも一緒に出演し、お互い、『一緒はイヤ』と言ったことはありません」

 目下の注目は片山氏が“元夫”の応援演説に行くのかどうか。安倍首相は今月19日、「行ってほしい」と片山氏に要請した。

「首相は細川・小泉連合を意識されていて、何か対抗できる話題作りを考えていたようです。そこで私となった(苦笑)。ただ行くとなれば、舛添さんが抱える二つの問題はクリアしておいていただきたい」

 二つの問題とは舛添氏が隠し子の養育費減額をめぐり元愛人Aさんと係争中という点。また舛添氏の実姉が生活保護を受ける際、役所からの扶養要請を舛添氏が断ったという点だ。

「実は私と婚姻関係にあるときに起きたことなんですよ。舛添さんはAさんと浮気してお子さんが生まれた。当初はその事実も認めようとしなかった。実姉の生活保護が始まったのも、離婚して数年以内のことです。3人のことを知っている分、誠実に対応して頂きたい。保守政党の自民党が推薦する候補者でもあるし、クリアされないのに応援演説までは、やはりできないですよね」

――最後にひと言。

「私は舛添さんと離婚した翌年の90年に再婚しています。片山家の嫁になって四半世紀経つことを、みんな忘れている(苦笑)。そこが歯がゆいですね」

http://dot.asahi.com/wa/2014012900033.html



何度も結婚離婚を繰り返すことは、その人のまったくプライベートなことだし、

愛人がいるのも、それはその過程の問題だし、

婚外子が出来てしまったことも、生きていればいろいろあるので、それはまあ、いいでしょう。

問題は、この婚外子の方が障害者であるにもかかわらず、

あれほど芸能政治活動していながら、家裁に「減額」を申し立てていて、

しかも係争中であるということ。

都知事に立候補してお金を使う前に、まず人の親として最低限の務めをしろよ、と言いたい。


そして、生活保護の不正受給。

これほど有名な兄弟がいたら、経済援助をお願いするのは、福祉担当事務所としては当たり前のことでしょう。

それを統括するのが、厚生労働省で、その大臣だった人ですよ?

この方が、普通のサラリーマンで、自分もローンを抱えて生活カツカツ、だったらわかりますけど、

華やかにテレビに出まくっていた、学者タレントの走りだった人です。

よくもまあ、「厚労省としての経験を生かした福祉政策」等と言えるものだと思います。

DVにいたっては論外。

バレンティンより悪い。


以上、ネガキャンでなくて、本当のことでした。




男性の平均寿命は80歳

2eba32cf597de59ecdd15656916fc142.jpg



私は普段、老害という言葉を好まないし、使わない。

老害という発言をするブログ主さんに、抗議したこともあるくらいです。


だけど、こう言う無責任な老人は、本当にどっかに行ってほしい。

91歳。

戦前戦後を生き抜き、厳しい修行を納められての得度、様々な文筆活動、

それはそれはご立派です。

それにしても。

この人の人生の前半は確かに厳しい戦争の時代だったかもしれませんが、

その後の人生の大半は、日本の高度経済成長期に当たり、

それこそイケイケどんどんで、右肩上がりが普通だった時代。

その恩恵にたっぷりあずかったはずです。

残り少ない人生、日本がどう傾こうと、関係ないんでしょうか。


隣のじいさんもそうです。

この人が政権を取ったあたりから、日本がガタガタとしてきたこと、

いわゆる失われた20年の始まりだったことを、

他の人が忘れても私は決して忘れない。

そのくせ「脱成長」とか、どの口が言う?と思う。

たいして才能もないのに、家柄と知名度で下手な茶碗を言い値で売りつける、

そういう生活をしていると、世の中が分からなくなるのか。

よく麻生や安倍を、

2世議員だの金持ちだから庶民の気持ちがわからないなどと揶揄するマスコミが、

いまだに殿様を自ら名乗るこのじいさんについては、

何も言わないことが不思議。

しかも東条英機に何もかも押し付けて退陣し、戦後は自殺で極東裁判から逃げた卑怯者の一族。

本当に責任感があるなら、法廷で日本の立場を主張すべきでした。

記録に残りますからね。



そして、瀬戸内寂聴さん、

普段共産党のポスターで、

「憲法改正反対」「特定秘密保護法反対」とやらかしているのに、

宇都宮健児さんを応援しなくていいの?

この方たちの仁義って、いったい何なの?

バカバカしくてやってられません。

こういうのに、まだまだいけると乗っかる年寄りがいるかと思うと、

ウンザリする。

人のお世話にならなきゃ生きていけなくなる世代なのに、

経済どん詰まりで結構!って言いきる候補者に投票したら、

特養ホームどころか、年金の減額だって決定的なのに。

こんなの「詐欺」レベルです。

身近なお年寄りに、ぜひ教えてあげてください。


以上、ネガキャンじゃなくて本当のことでした。





たまには役に立ってほしい


連日の反日発言で、反米感情が高まっています。

そろそろ、何か本当に役に立つところを見せないと、

アメリカ大使館前で、保革合同の「反米デモ」が起きそう…。





    


拉致被害者家族会、ケネディ駐日大使に初面会


横田滋さん・早紀江さん夫妻ら拉致被害者の家族会が、アメリカのケネディ駐日大使と初めて面会しました。

 「(ケネディ大使は)『自分にも子どもが3人いるから、めぐみがいなくなったのは大変なことだ』と・・・」(横田 滋 さん)
 「『親の気持ちは本当によく分かります』と・・・」(横田早紀江さん)

 ケネディ大使は3人の子どもを持つ親として拉致問題に理解を示すとともに、「北朝鮮も正義との戦いをしなければいけない時がくる」と述べたということです。(30日18:29)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2115711.html


ケネディ大使と拉致問題で連携確認

1月30日 16時40分

古屋拉致問題担当大臣はアメリカのケネディ駐日大使と会談し、北朝鮮による拉致問題の解決に向けて、日米両政府が引き続き緊密に連携していくことを確認しました。

この中で、アメリカのケネディ駐日大使は、北朝鮮による拉致問題について「悲劇であり、非常に重要な問題だと考えている。被害者の家族とも会うことにしており、しっかり学び、取り組んでいきたい」と述べました。
これに対し、古屋拉致問題担当大臣は、拉致被害者の救出を願うブルーリボンのバッジをケネディ大使に手渡し「このバッジは拉致問題を解決しようという意志の象徴だ。北朝鮮に対して『海を越えて国民の怒りと拉致被害者の家族の思いが届くように』という気持ちが込められている」と述べました。
そのうえで、古屋大臣は、安倍総理大臣が拉致問題の全面解決に強い意欲を持っていることや、日本政府として、拉致・核・ミサイルといった諸懸案の包括的な解決を目指していることなどを説明しました。
そして、古屋大臣とケネディ大使は拉致問題の解決に向けて日米両政府が引き続き、緊密に連携していくことを確認しました。



もっと役に立たない日本人



関係ないけど。

   


感慨深い。

「J・ビーバーを国外退去に」、米大統領宛て嘆願に10万人超署名












[29日 ロイター] -米ホワイトハウスの公式ウェブサイトに、飲酒運転容疑などで先週逮捕されたカナダ出身の人気ポップ歌手ジャスティン・ビーバー容疑者(19)の国外退去を求める嘆願が寄せられ、29日に署名が10万件を突破した。

この署名活動は、ビーバー容疑者がフロリダ州マイアミビーチで逮捕された23日に始まった。署名が10万人を超えたことから、米政府は何らかの対応を取る必要がある。



ただ、暴力事件などで禁錮1年以上の有罪判決を受けなければ、査証(ビザ)は取り消されないことから、国外退去となる可能性は極めて低いとみられる。


ビーバー容疑者は逮捕後、飲酒やマリフアナ吸引などを認めたとされ、有罪になれば最高6月の禁錮刑を受ける可能性があるが、初犯であることから、より軽い刑が言い渡されるとの専門家の見方もある。


http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPTYEA0T00N20140130



これって、私たちも署名した、ホワイトハウスの嘆願サイトですね。

さすが国内問題、集まるのが異常に早いですーーー。

事件発生からたった6日です。

アメリカでいかに活躍していても、カナダ人のジャスティンはしょせん外国人。

ビザがお取り上げになったら、活動できません。


それにしても、

①違法なことをした外国人は出て行けと言える国って、素敵。

②カナダとアメリカって、やっぱり仲が悪いのね。

以上2点を思ったのでした。




有名すぎますが、貼っておきます。

スイス政府 「民間防衛」の書より
~武力を使わない戦争の形・その名も「乗っ取り戦争」~


第1段階:工作員を政府の中枢に送り込む。

第2段階:宣伝工作。メディアを掌握し、大衆の意識を操作。

第3段階:教育現場に浸透し、「国家意識」を破壊する。

第4段階:抵抗意思を徐々に破壊し、平和や人類愛をプロパガンダとして利用する。

第5段階:テレビ局などの宣伝メディアを利用して、自分で考える力を奪ってゆく。 ←今ここ!

最終段階:ターゲットとする国の民衆が、無抵抗で腑抜けになった時、大量植民。




「スイス政府「民間防衛」に学ぶ」様より。

http://nokan2000.nobody.jp/switz/


そういえば、最近スイスみたいに永世中立国になればいいのに、とか

高福祉の北欧みたいになればいいのに、とか

言われなくなりましたね。

スイスが実は武装しているから永世中立国であるという事実や、

北欧が高福祉だけど高負担で、さらに移民問題で大揺れなことなど、

一般に知られてきてしまったかもしれません。



スウェーデンの街中で礼拝するイスラム教徒


ストックホルム暴動。発端は「移民」



BRICsの次はアフリカ

今日の日経新聞の9面のVOICEというコラムです。


「新興諸国BRICsの次に優美右な市場はアフリカだ。一気に最新技術を導入する『カエル跳び』がここでも起きるだろう」。

企業向けスオフトの世界王手、独SAPのジム・ハガマン・スナーベ共同最高経営責任者(CEO)が語る。

理由は「中国企業が相次いでアフリカに進出しているから」という。

以下略


この方。



日本と中国が、アフリカ大陸で「外交戦争」をしている、とは、

韓国の新聞も報道しています。

たぶん世界中が知っています。

OECDの縛りのある日本より、それの無い中国が先行してアフリカを支援してきましたが、

それが最近になって中国離れが進んでいる、など、

皆さんも聞いたことがあると思います。


さて、このニュースで思い出したのが、

映画にもなった「永遠のゼロ」の一節。

ミッドウェー海戦で大敗した日本は、次なる基点をつくるため、

ガダルカナル島に上陸し(もちろん戦闘行為に勝って)、飛行場を建設しました。

それが完成するのを待って、アメリカはガダルカナルを陥落させ、

日本が作った飛行場を使って、南太平洋を制圧し、本土への空襲につながりました。

(ガダルカナルの戦いの悲惨な結果は、また別にしたいと思います。)


今回もまた同じようなことが起きようとしています。


日本と中国が争って投資し、インフラを整えたあと、

ゆるゆるとヨーロッパ様が登場して、

あとの利益はかっさらっていく、そのパターンです。

アフリカとヨーロッパは地中海を越えればすぐですので、

人も物もすぐに行き来できます。

なのに、初期投資で国庫を減らすのは嫌なので、

面倒なことは、

黒人の次に下等な黄色人種にそれはやらせて

(しかも人足まで中国大陸から連れてくるので、ヨーロッパは痛くもかゆくもない)

出来上がったキレイな道を使うだけ!


日本人の多くは、インフラ整備することで現地の信頼を得て、次の投資につなげようとします。

ゼネコンなどが、国内での事業が公共工事の見直しで市場が小さくなっていることも、

また一つの理由かもしれません。

出来上がってから、確実にそこの国の市場に食い込めるか、

そこまでは誰も保証してくれません。

道路や飛行場が出来たとたん、もっとおいしい条件を出してくれる国に鞍替えする、

なんてことも十分あり得ます。

そして、それを責める権利も資格も日本にはありません。





そうそう、尖閣諸島のようなちっぽけな島を中国に上げたら?という阿呆な人がいますね。

共同管理にすればいいとか。

あの島を環境保護のために中国がそのままにしておくはずがなく、

そのまま空母が停泊できる港を作り、

飛行機が発着できる滑走路を造るでしょう。

中国が喉から手が出るほどほしい「太平洋基地」が出来上がります。

沖縄が取られるどころではすまず、

本土への空襲も容易にできるようになります。

島しょ防衛は、そういう意味で、非常に重要なのです。

沖縄にアメリカ米軍の「海兵隊=ノルマンディー上陸作戦の先遣隊」がいるのも、

そういうわけです。



電凸のお誘い

首相が2日に舛添氏の応援演説 


これホント?

何が何でも当選したい舛添陣営。

案外劣勢に気が付いているのかもしれません。

安倍支持層、自民支持層を取り込みたいみたい。

でも、安倍支持層は実は反舛添だったりする・・・。

というわけで。


良かったら一度凸してください。

自民都議連のBBSはメンテナンスのため閉鎖中だそうです。


自民党へ意見・要望

https://www.jimin.jp/voice/

官邸

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

安倍首相と公明党の山口代表が2月2日、東京都知事選で舛添元厚生労働相の応援演説をする方向へ

2014/01/29 17:55 【共同通信】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。