ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ひとりごとTOP日本 ≫ ひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ひとりごと

図書館長が怪しくない?



図書館スタッフって、今や自治体が直接雇用するバイトさんではなくて、

入札した業者さんが運営しているんだよね。

つまり、誰がどう働いているかまったく謎ってこと。


けっこう図書館を利用しているけど、

ものすごいアンダーラインが引いてある書籍とか、

結構放置されているのよね。

で、誰かが借りるかして、開いた時に、

「あら、破損が。汚れが。アンダーラインが。落書きが」となるわけ。

もしくは、返却時にチェックされて、

「水濡れが。汚れが。メモしたわね?」みたいなことがわかる。


図書館の書架に入ったままだと、

誰もヨゴレにも破損にも気が付かない。

そんなにアンネ本て、動きのある本なのかな。

誰かが最初に「この本のページが大量に破られています」って言い出して、

普通はその本だけを修復したり、

前に借りた人は?とか、そのあたりに誰かいなかった?とかなると思うんだけど、

なぜ、誰が「ほかのアンネ本も大丈夫かしら」って思って調べたのかな。

いろいろ不思議。


この本て、そんなに頻繁に貸し出されていたの?

最終に借りた人とか、わかるはずよね?

その時返却を受け付けた職員もわかるはずよね?

いつだれがどうやってこれに気が付いたの?

よくわからないけど、このおじさん。

新宿区の中央図書館長だそうですけど、

この場合、本来は「そういう行為に気が付かなかったことをお詫びします」が、

先じゃないの?

なんか、おかしいよね。

まず、アンネ本破損=日本の右傾化説ありきで。


面白いくらいに、中韓とSWCが反応しています。


こちらのブログに詳しいのですが、

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/c02e323bd588f900e88c232ca60a159e

日本人のアンネスキは、割と世界に知られています。

このニュースが出た直後に、アンネ本の破損が始まっています。

私をはじめ、多くの少女が、一度は手にするアンネの日記。

そういう日本の精神的風土を知らない人の犯行、としか思えませんね。

安倍政権の日本が憎い人たち、が、このタイミングを選んでやったのです。

SWCとイスラエルは、同じユダヤ民族と言えど、まったく違う人々のようです。

イスラエル大使館は、静観しています。

日本人がアンネを愛してくれていることは知っている、とのコメントがありました。

イスラエルにはモサドがあります。

モサドはすべてご存じ・・・・そんな気がしますね。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。