ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ IOC委員て究極の名誉職なの。TOP普通のブログ ≫ IOC委員て究極の名誉職なの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

IOC委員て究極の名誉職なの。

なんでIOC委員になりたがるか。

なんでIOC委員を作りたがるか。

元は、ヨーロッパの貴族の道楽から始まったオリンピック。


クーベルタン男爵


私たち、フツーの日本人は、長野五輪のあとの大会招致に関して、

巨額の買収工作があったとして、

何人ものIOC委員が告発されたことで、

始めて驚きましたよね。

で、

その直後、長野市が五輪開催に関するドキュメントを全部「廃棄してしまっています」っていう

発表があったことも。

公文書って、法令に基づいて保管年限が決まっていて、

これだけ大きなイベントになると、普通は「永年保存」もしくは「10年保存」とかが普通なのに、

あの時も、ああ、長野は相当お金を払ったのね、って思った。


IOC委員になると、IOCからではなく、

つまり招致を企画する国からのバックがものすごく大きいの。

各国の名誉学位とか、それに伴って報奨金とかね。

サラマンチ時代なんて、子弟の留学費用を持ってもらったアフリカのIOC委員がいたとか言うじゃない。

最近でも、グランドピアノをねだられたとかいう話も聞くわね。

そして、

IOC委員だと、どの国もノービザ、ノーチェックで入国できるの。

これってすごくない?

つまり、IOC委員の身分があれば、北朝鮮に入ったあとで、

アメリカに入国するのも、お咎めなし、ってことです。

(普通の人が、北朝鮮の出入国記録があると、場合によっては別室に連れて行かれます。)

検疫の厳しいオーストラリアも、行きたいと思えばすぐ入国。

滞在先のホテルには、IOCの旗が掲げてもらえる。

普通に、どこの国に行ってもちやほやしてもらえる。

スポーツと平和のために、と言うお題目で、

どこの国にでも入り込める魔法の印籠「IOC委員」!

まさに特権。


それと、アスリート委員の他のIOC委員、

基本はお金持ちで貴族階級。

そういう人とコネクションができるって、

貧困層あがりのキムチにとっては、バラ色よね。

違う苦労はするとは思うけど。

カナダで習得した、なんちゃって英語では通用しないプロトコルの世界だから。

こんな下品な格好で出かけちゃだめよ。

ちなみに、キムチは半島では「黄金の八頭身」と言われているそうです。

フォトショがすごいからね。

こういう顔とかもしちゃだめよ。

この方、本当に失言ならぬ、「失顔」が多いです。

キムチマンセーの自国のメディアに、これを撮られて発表されるとは…。

私は、ひそかに「半島メディアにアンチキムチがいる」と思ってるんですけど。

別にキムチは、真央ちゃんと特別お友達ってわけではなくて、

普通にバンケに出れば、普通に写真を撮り合うわけで。

あっこさん、織田くん、キムチ。

まだキムチが真面目に試合に出ていた頃の懐かし写真。

もう、キムチ金メダル確定報道だったんですね@日テレ…ソト子、よく頑張った。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。