ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ オヌヌメ②TOP日本 ≫ オヌヌメ②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

オヌヌメ②

日本をダメにしたB層の研究/講談社
¥1,365
Amazon.co.jp


普通に公立図書館に置いてあります。

保守と言うより、

簡単に踊らされる大衆についての研究と言うか、揶揄と言うか。

分類図ね。



今や、テレビや新聞のいう事は、いちいち疑う習慣がついていますが、

まだまだそういう習慣の無い方が大勢います。

例えば私の両親などは、

あの名前を書くのもまがまがしいサムラゴーチマモル氏の

NHKのドキュメントを見て感動していたらしく、

「ちょっと、どういうこと?」と私に感想を求めてきました。

そういう、良心的で善意な日本人ほど、

簡単にだまされるってことです。


私は幸い、サムラゴーチマモル氏のTV番組は、

一度も見たことがなく、

ゲージュツ的にもたいへんコンサバなので、

今季の高橋選手のプログラムが決まるまで、

聞いたこともなかったのです。

他にはBunkamuraとかの電車の中づり広告で、見かけたわね。

だいたい、

ヒロシマとか、被災地、とか、義手のバイオリニストの少女とか、

本人の長髪サングラス杖包帯、とともに、

あざとさ満点じゃないですか。

苦悩する姿とか、キャンドルともして作曲とか。

設定がわかりやすすぎて、なんていうか盛り過ぎで、

まるで韓流ドラマみたい。

   

挙句に、今度はゴーストライター氏を名誉棄損で訴えるとか?

論旨のすり替えも、まるでアノ国みたい。

問題はそこではないだろう!?と思った人は、

日本中に2000万人はいるはず。


出自疑惑を言うわけではないですが、

日本人にも、ああいうメンタリティの人がいる、と言うことが、

ものすごい衝撃です。


テレビは特に疑うこと。

これとっても大事。

故郷のご両親にも、特にお伝えくださいね。

尤もらしく、深刻そうに言うやつほど、ウソツキですから。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。