ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 皇室の政治利用「守る」と「護る」TOP日本 ≫ 皇室の政治利用「守る」と「護る」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

皇室の政治利用「守る」と「護る」

皇室の政治利用に一番熱心なのは反日組織の皆様だって、もう気が付いてるわよね。


http://ch.nicovideo.jp/akahata/blomaga/ar205974



守る、と、護るには、一万光年くらい差があるもの。



「憲法を守り・・・」とご発言。

国民の象徴であられるわけですから、当然のことをおっしゃったまでなのに、

この「守る」を「護る」と混同させたい人々がいますね。


天皇の憲法発言に秘められた安倍政権への強いメッセージ | THIS WEEK - 週刊文春WEB

http://hiwihhi.com/u/c7299fe3c8acd086.html

もし仮に、陛下が安倍政権に強いメッセージを送られたとしたら、

それこそが憲法違反になりますので、

憲法順守の姿勢を先体から引き継がれている陛下にあっては、

あり得ないことです。

憲法を守る、とは、もうご即位以来言われていることなのです。




乗っちゃってしまわれてるのが、こちらの東宮ご一家。

こちらは、明らかに「憲法を護り・・・」と言う意味合いのお立場です。


東宮ご一家については、皆様もう少しご用心くださいませ。

雅子妃の父が日本のひざまずき外交のリーダーであったことや、

社会党土井たか子と国会で茶番問答を繰り広げたことや、

母方の祖父が、天下の公害企業チッソの社長であったことや、

小和田家の出自がはっきりしないことや、

江頭由美子さんがアグネスのユニセフの理事であることや、

主治医に創価学会員がいることや、

デパート貸し切りでお買い物されていることや、

被災地訪問に台本があることや、

愛子様の肉声が、秋篠宮家のお子様と違って、

ほとんど国民に届けられていないことや、

伊勢神宮はおろか多摩御陵でさえ参拝されないことや、

上げればきりがないですが、

具体的には、次のことです。



殿下は、国連の「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁をお勤めです。

国連と聞くと、まだまだ普通の人は「国際協調と平和の集い」と思いがちですが、

大国のエゴとエゴがぶつかり合う場です。

国連の外郭団体には、胡散臭いものもいっぱいあります。

問題は、この

「水と衛生に関する諮問委員会」の「第7回世界水フォーラム」が

2015年3月に韓国で行われることです。

当然、名誉総裁であられる皇太子殿下は、訪韓されることでしょう。

いわば傍系の高円宮妃殿下が訪韓されるのとは、意味合いが全く異なります。

なんといっても次期天皇陛下ですので、

ここでうかつなことを発言なさらないように、

皆様にも、内閣及び宮内庁、そして地元選出の議員の皆様に、

全力凸していただきたいものです。


ちょっとしたご発言が、我が国の命取りになります。

間違っても、朝鮮の民族衣装を着て写真など撮られませんように。


※この後、しばらく未来記事がアップされます。どうぞご了承くださいませ。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。