FC2ブログ

ジュヌヴィーヴな毎日

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 太陽と風の恵の現実TOPひとりBPO ≫ 太陽と風の恵の現実

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

太陽と風の恵の現実

風力発電のいろいろ。全部日本での出来事。



  


  


  


反原発利権が誕生しているので、風力発電の健康被害や倒壊の危険性についてどんなに語っても、

大手メディアでは少しも取り上げてもらえないようですね。


太陽光発電

積雪被害

これが素晴らしいと思うあなたは「太陽光脳」

耕作地が奪われ、さらに人件費=雇用さえ生んでいない。


雪国の現実(再掲)

large_ (17)




自己満足の図。

廃炉すれば全て終わると、おめでたい勘違い。

本気でそう思ってるのか、印象操作しようとしているのか、どっちなのかなあ。

廃炉費用とか、廃炉してもそこには核物質があり続ける現実とか、

いろいろあるよね。

有効利用しながら、次のエネルギーの安定供給について考えるのが、

普通の大人のすることじゃないの?

会社辞めちゃってから、次の仕事探す、っていう生き方をしている人たちなのかしら。


話が逸れるようでつながるんだけど、

中国から次の国に生産拠点がなかなかシフトできない理由の一つに、

そういう国々のインフラ問題があるのよね。

電気の安定供給がないような国には、工場は立てられないわけ。

だから、新興国は原発の輸入を急いでいるのよ。

エネルギーの安定供給は、国家の命綱なのよ。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。