FC2ブログ

ジュヌヴィーヴな毎日

2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 国務省と国防総省TOP海外情勢 ≫ 国務省と国防総省

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

国務省と国防総省

「中国の姿勢に懸念」とハリス米太平洋艦隊司令官 クリミアを例にあげ

2014.3.21 22:48

 米太平洋艦隊のハリス司令官は21日までに、ロシア編入が事実上完了したウクライナ南部クリミアの例を挙げ「クリミアのような事態を回避することが全ての国の責務」と述べた。同艦隊は尖閣諸島(沖縄県石垣市)や南シナ海をカバーしている。英紙フィナンシャル・タイムズが伝えた。

 司令官は同紙に対し、海洋進出を強める中国の影響により、アジア太平洋地域での緊張が「過去30年で最も高まっている」と懸念。

 また「中国の透明性を欠いた姿勢や報復主義的な傾向に懸念を持っている。こうした姿勢が地域を不安定化させている」と述べた。

 会合に出席した中国人民解放軍の孫建国副総参謀長は、緊張の高まりは中国の責任ではないとして「争いに乗じ、自らの戦略的目標を実現させようとする国もある」と米国をけん制した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140321/amr14032122490014-n1.htm



   


そりゃあ、最前線に立ってる国防総省の制服組のトップと、

親中路線をひた走る民主党が率いる国務省とでは、

危機感が全く違うでしょうね。

尖閣諸島が取られることの恐ろしさを、いちばんよくわかったるのは、このハリス司令官でしょうね。

ウクライナ問題で、ロシアに経済制裁を発動したというのに、

そのロシアに同調している中国に、

人質要員みたいに大統領夫人と令嬢を中国に差し出すなんて、

アタマがいいのか、馬鹿なのか、

私には判断できないです。


   

同盟国の日本にいらしたことってありましたっけ?

個人的な好き・嫌いだけで、いろいろやられちゃたまりませんわ。

まして!

選挙で選ばれたわけでもない「夫人」の外交で、何かが決められたら、

私がアメリカ国民なら、ホワイトハウス前でデモしますけど。


それから、この方にも要注意ですので。 

クリントン女史とアウンサンスーチー女史。

   

この立派な建物は、ホテルではなくて、アウンサンスーチー氏の自宅。

軟禁されたと聞くと、2DKのアパートの一室でじっとしているというイメージがありますが、

裏庭には湖もあり、大規模集会も会議も開けるような大邸宅です。

簡単に言うと、ミャンマーの特権階級の人なのです。

お洋服が違うことからもわかるように、

お二人は何度も対面しています。

どちらも、慰安婦問題に関して、ものすごく韓国寄りの方たちです。

アウンサンスーチーさんに関しては、京都大学留学時代に、

ひとことも日本語を話さなかった、英語で通したという情報もあります。

全然、親日家じゃないですよ。









スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。