ジュヌヴィーヴな毎日

2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 教育勅語再評価TOP未分類 ≫ 教育勅語再評価

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

教育勅語再評価

教育勅語・・・・なんだか、まがまがしいイメージはありませんでしたか?

私はありました。

誰だったか忘れましたが、

ある先生が「君に忠、親に考」と、吐き捨てるような口調で教えられたのを、

覚えています。

教育って恐ろしい…。

一度もちゃんと読んだことがないのに、忌避していました。



さて、

下村文科相が、こんな発言を。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140409/edc14040912440004-n1.htm

教育勅語原本確認 「父母への孝行」「友情」「夫婦の和」…再評価の声
2014.4.9 12:39 (1/2ページ)
半世紀ぶりに所在が確認された「教育ニ関スル勅語」(教育勅語)の原本。戦後は学校現場から排除され、“軍国主義教育の象徴”というイメージが独り歩きするようになった教育勅語だが、近年、いじめなど道徳の荒廃が問題となる中で、その内容を再評価する声も高まっている。

 「(教育勅語には)至極まっとうなことが書かれており、当時、英語などに翻訳されて他国が参考にした事例もある。ただしその後、軍国主義教育の推進の象徴のように使われたことが問題だ」

 下村博文文科相は8日、教育勅語の原本が確認されたことと絡めてこう述べ、内容そのものには問題がないとの認識を示した。(以下略)


下村文科相








私が、教育勅語について、考えを改めたのは、

台湾で、日本語世代のおじいさまにお会いしてからです。

過去記事ですが、良かったらお読みになってください。

http://ameblo.jp/nipponnoobasan/entry-11539172307.html

yjimage[1]



この方から、教育勅語を写したものをいただきました。

台湾人生と言う映画にも出演なさっています。

yjimage[4]


監督との対談の動画はこちら。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ksvWsGu2dyg



さて、この下村文科相は、

かつて、韓国側が「妄言ばかりで、けしくりからんので入国お断りするニダ」リストの中に、

加えられていた方です。

面白いことに、この方が日本側のオリンピックの「政治家側のトップ」です。

JOCも日本スケ連も、文科省が監督省庁です。

ヒラマサ五輪の協力を取り付けるために、

常々保守的な発言をしている下村文科相を、

韓国に入国させるために、

どんなトンデモ理論で納得させるか、楽しみです。







それから、

東京五輪誘致に大活躍された、T円宮妃殿下ですが、

2002年ワールドカップ日韓共催にも、大きく貢献した未亡人です。

赤い皇族とも言われていました。

朝鮮利権にまみれているので、

要注意です。

騙されないで。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/8d6c39c270f79a413bafcff718c32e4b
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。