ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 台湾と大陸の中国語の違いTOP台湾の思い出~語学教室 ≫ 台湾と大陸の中国語の違い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

台湾と大陸の中国語の違い

台湾の中国語はよーく聞き取れる私。

テレビで中国語が流れてきて、

やたらよく聞き取れるなあと思うと、台湾のニュースだったりする。

台湾の中国語と、大陸のそれは、ご存じのように微妙に違います。

繁体字と簡体字、は有名ですが、

他にもいろいろあります。

いちばん面食らったのは、

「医者にかかる」表現。

台湾では、看医生でいいのですが、

大陸では、給丈夫(医生)看病といいます。

検定などで台湾式に書くと、間違いにされます。


余談ですが、漢語水平試験(HSK)という中国語版TOEICみたいなのがありますが、

その本部は、なぜか沖縄県にあります

ふつう何でも東京にありますよね。

ものすごく怖いと思うのは私だけでしょうか。

問題集とか受験申し込みがPCでできますが、

私は怖いな、と正直思います。

難問奇問が多いとされますが、

留学希望者でないなら、日本の中検で十分だと思います。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。