ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 日本語を話す人々TOP台湾の思い出~ひと ≫ 日本語を話す人々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

日本語を話す人々

ご存知のように、台湾には日本語を話す方がたくさんいらっしゃいます。

日本語世代の方々はもちろん、

仕事で日本語を必要とする方、

日本に興味を持ってくださる方、

いろいろです。


台湾に住むことになって、一番最初に出会う「日本語を話す人々」

それはズバリ「不動産屋の営業のおねえさん」

日本人対象の不動産屋さんは複数ありますが、

どこも営業は日本語を話す若いお嬢さんでした。

なぜわかいお嬢さんかというと、

それは「駐在員の殆どが男性だから」というのは、都市伝説ですが、どうなんでしょう。


それから、「日本人を対象としたサービス業の方」がいます。

林森北路という有名な飲み屋街がありますが、

日本人ビジネスマン対象のスナックが、軒を並べています。

私は女性すが、まぎれて行っちゃいました。

源氏名はたいてい日本名。

ママがつけるので、少し古めかしいお名前の方がいらっしゃったりして。


中国語教室の先生。

マンツーマンで教えてくださる教室の先生は、日本語を話せる方が多いようです。


街で出会う日本語を解する皆さん。

たまに、日本人と分かると、日本語で話しかけてくる人がいます。

主に、困っている時に助けてくれる感じ。

(私はこの経験があって、日本に来る外国人には親切にしようと誓いました。)


日本語を解する人は、ピンポイントでいらっしゃるので、

台湾旅行をされる際には、うかつに台湾の悪口や侮蔑的なことは言わないでくださいねー。

台湾好きにそんな人はいないと思いますが、念のため。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。