ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ イスラエル大使館にメールTOP日本 ≫ イスラエル大使館にメール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

イスラエル大使館にメール

http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=2015920

私は先日もメールを差し上げた、一般の日本国民です。
今日、このニュースを見聞きして、本当に悲しくなりました。

まず、韓国は当時日本に併合されていて、我々と同じ日本人でした。
そして、本土の人間と同じように、日本の勝利を願い、共に連合国側と戦った同胞でした。
ですから、当時の日本政府が、朝鮮半島のみなさんを虐殺したり、弾圧したりした事実はありません。

そして、南京大虐殺ですが、これは科学的な証拠が何もありません。
当時の南京市の人口は、中国政府が虐殺したと主張する人数と比べて、少ないです。
また、中国政府はその虐殺されたという人々の数を、年々増加して主張しています。
また巷間に伝えられる虐殺行為も、我々日本人の精神性には相容れないものであり、
明治以来近代国家を目指し、前近代的な拷問等を一切禁じてきたことをかんがみれば、
まったく疑わしいものであります。
当時の大陸は、国民党と共産党の内戦状態でもあったので、
どちらかの蛮行を日本のせいにしている可能性もなくはないのです。

いずれにしても、これは貴国には、何の関係もないことだと思います。
向き合い検証し解決すべきなのは、我が国と中国、韓国の3か国だと思います。
この方が、どういういきさつで中国、韓国の主張のみを信じ、擁護するのかわかりませんが、
アメリカの同盟国の一員として、イスラエルを支持してきた我が国に対して、
あまりにも失礼、あまりにも無知、ではないでしょうか。
また、戦争開始当時、日本の外交官がビザを発給し、何千人ものユダヤ人の命を救ったことを、
この方はご存じないのでしょうか。

大変遺憾に存じます。

末筆になりましたが、帰国のますますのご発展をお祈りいたします。

東京 りか


中韓のロビー活動は、中東にまで及んでいるんでしょうか。

アフリカ大陸が、中国に抱き込まれていることは有名な話ですが、

まったく嘆かわしいです。

中途半端な知識で、他国の歴史や政治に口を挟んでもらいたくないです。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。