ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ NCIS:LATOPひとりBPO ≫ NCIS:LA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

NCIS:LA

NCIS:LA というアメリカのドラマがあります。

アメリカ海軍にかかわる犯罪を捜査する部署のLA支局の物語で、

本家NCISと違って、このドラマは主に潜入捜査を扱っています。


たまたま、昨日FOXで見ていたら、

登場人物が、変な日本語をしゃべっていた。

この回の敵役は、日本人。

アオキさんとかタナカさんとかマエコさんとか。

で、捜査官も各国語堪能という設定なので、

長々と日本語しゃべるんだけど、奇怪(チークァイ=変)。

まあ、それは日本のドラマで英語をしゃべる人も変なのでお互いさまとして、

問題は、

タナカさんがやたらアメリカ国務省に顔が利き、

犯罪捜査を打ち切らせるほどの実力者、

しかし、納得しないためメンバーは独自調査を続ける…という設定。

ばかばかしくて、途中で見るのをやめましたが、

そこまで国務省に顔が利く日本人がいるなら、

日本はこんなに苦しんでないっすよ。

あほくさー。

本家NCISでも出てきた日本人は、

①ミンダナオ島で戦った元日本兵

②イラクの出土品を古物商に売る日本人

③謎の相言葉「オシマイダ」氏

ですよ。

もしくは、

①ニコン

②キャノン

③島津製作所

くらい。

軍艦名になったくらいなんだからさー、もうちょっと日系人、活躍させてよ。


ま、常に「スパイの温床」韓国よ

不正送金や不正アクセスの元「中国」よりいいですかね。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。