ジュヌヴィーヴな毎日

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ これも図書館にありますTOPアノ人たち ≫ これも図書館にあります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

これも図書館にあります

困った隣人 韓国の急所(祥伝社新書313)/祥伝社
¥861
Amazon.co.jp


どうして、ああいうことを言ったりしたりするのか、よくわかります。

私たちからすると恥ずかしい行為(国連の私物化とか、金メダルお買い上げとか、慰安婦ビジネスとか)も、

彼らの中では正当な理由があることのようです。

なので、日本的な発想でお付き合いしても時間の無駄です。

誠意を示そうがどうしようが、意味がありません。

謝罪なんて、愚の骨頂。

日本がすべきことは、「日韓基本条約で解決済み」と言うだけでなく、

「個人分も韓国政府に支払い済み。北の分もね」と世界に向かって発信することです。


あと、いわゆる親韓の人(アリタ先生のような人を含めて)、

実は彼らこそ、大変な差別意識を心に持っていると私は思います。

一段低い存在だと思うから、理解している私、差別意識を持っていない僕、というのに酔っているのです。

本当に対等と思うなら、理不尽な要求には、断固NO!と言えるはずです。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。