ジュヌヴィーヴな毎日

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 今日の進次郎、そして台湾TOP日本 ≫ 今日の進次郎、そして台湾

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今日の進次郎、そして台湾

台北市内の総統府を表敬訪問し、馬英九総統(中央)と握手を交わす自民党の小泉進次郎青年局長(左)=10日(総統府提供)

馬英九総統と面会なったようです。

ご存じのように、現政権は国民党馬英九先生で、当然原発を推進しています。

台湾は、リアル資源の無い国なので、エネルギー問題は死活問題です。

その気になれば大陸がいつでも海上封鎖を仕掛けてくるでしょうし、札束外交で中東やらアフリカやらをいいように操っていますから。

馬英九先生をそばで拝見したことがあります。



同じころ、カンナオト先生が懇談したのは、台北市長。

台北市長は郝龍斌この方、郝龍斌先生。

この方も国民党の方です。



カンナオト先生は、「反原発」が正しいと信じて活動されているようですが、

(もちろん原発が危険であること、福島の被害が現在進行形であることは、私も重々承知しています)

よそさんにまで出かけて行って、反原発の御先棒を担ぐことは、失礼だと思います。

これで、本当に原発が中止になって、台湾の電力不足が深刻化し、

産業振興が遅れたら、責任を取れるんでしょうか。


それから、台湾の反応ブログ様で、徴兵制に関するメッセージを拡散してくれ、との情報がありましたが、

私は賛同しかねるので、ここで紹介は致しません。

内容ではなく、拡散すること、にです。

日本だって、アノ国がいちいちアメリカや国連にご注進に及んで「日本に何とか言ってやってくれよ」とやられていて不愉快でしょう?

その国の問題は、その国で解決すべきですし、まして、徴兵制というその国の国防の根幹にかかわることに、むやみに口出しすべきではないと思うからです。

余談ですが、これは総統府前の小南門(だったけ?)で、このお向かいに旧国民党本部、すぐそばに外務省や、中正紀念堂があります。

私はここを歩いたり、バスに乗ったりして学校に通っていました。


外国人は、デモや政治活動に気安く参加するのは危険です。

行きあっても、絶対に参加しないでください。




スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。