ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 親子鷹続報TOPひとりBPO ≫ 親子鷹続報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

親子鷹続報

河野太郎認証済みアカウント@konotarogomame 1時間

ありません。RT 「特別永住者の国籍取得特例法案」提出される予定はありますか?

とのことです。

ご確認をお願いいたします。

そして、これからも凸お忘れなく。

この方の、他のツイートを読んでも、河野談話に関して、何の反省もないのが気になります。

なぜ3万人もの人が河野氏個人を提訴したいと思ったのか、

そこに考えが至らないのは問題があると思います。

この方、気にらないツイートは削除しているのか、

それとも誰もフォローしていないのか、どっちなんでしょう。

それから、保守速報様ご覧になりましたか。http://www.hoshusokuhou.com/

失礼なことを言いまくっています。

中国共産党を甘く見すぎ。

自民党が中共と同じなら、

あなたはすでに映画監督の肩書を抹消されていますし、

太郎は国会議員になれません。

本当の弾圧を、彼らは知らない・・・・・(私だって知らないけどさ、ちょっと調べればわかるでしょ。)

ワイルド・スワン〈上〉 (講談社文庫)/講談社
¥800
Amazon.co.jp

文革当時の様子です。これが中共の真の姿です。

体質は今も1ミリも変わっていません。

むしろ、自由主義経済を取り入れて、さらにたちが悪くなりました。


拾ってきた写真です。




左はウイグルです。右はチベット。


中国共産党は、日本人なんかの発想では追いつかないくらい、残酷で徹底しています。

かつての大陸を統一した各王朝と、何ら変わりません。

行ってみれば、今は「共産党王朝」で、皇帝は血筋ではなく、派閥間闘争で決まります。

これほど、多くの中国人が、なぜ移民したいか、

共産党幹部の子弟でさえアメリカ等の市民権を持っているのは何故か、

よくよく考えてみる必要があります。

しかし、ほかの国に行っても彼らは死ぬまで「中国人」です。

住んでいる国に対する忠誠よりも、

「中華民族(中華民族と言うものは本当はありませんが、便宜上)」「中華帝国」に忠実です。

それは、アノ国も同じです。

身内で争うのはいいけれど、外に出れば恐ろしいほど母国と朝鮮民族に忠誠を誓っています。

私たち日本人の想像をはるかに超えています。

気を付けましょう。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。