ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 本で見る戦前戦後TOP日本 ≫ 本で見る戦前戦後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

本で見る戦前戦後

しつこくてごめんなさい。
読み返すたび、新たな思いが湧き上がります。
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記/ハート出版
¥1,575
Amazon.co.jp


筆者とその家族は、半島の北、羅南から赤十字の旗を付けた汽車に乗って、脱出を始めます。

その中の描写が、淡々としているので、なんとなく読み流してしまいがちですが、

読めば読むほど、壮絶で言葉を失います。 

羅南から乗車した時すでに駅は混乱状態で、

車両の中に傷病人がいっぱいだったこと。

駅で赤ちゃんを連れた妊娠中の女性が、

夫と思しき男性と涙で別れる姿。

赤ちゃんがなくなり、その遺体を放り投げる看護婦、後を追って飛び降りる母親。

次々に病人がなくなり、そのたびに遺体が放り投げられる。

水がなかったため、盥に貯めてあった尿で口を漱ぐ人。

赤十字の旗を付けているにもかかわらず、機関車が敵機から攻撃されたこと。

この敵機はどこのなんだろう?

ソ連軍か、それともアメリカ軍か。

途中、一家は列車と別れを告げて徒歩で京城を目指すけれど、

列車の中の人々はどうなったんだろう?

道中凌辱された女性たち。

それを見て見ぬ振りするしかなかったほかの日本人。

つらい。

むごい。

大陸や半島から帰ってきた人々には、

このような壮絶な物語があります。

ちょっと立場は特殊ですが、やはりこの方も脱出にはかなりの危険を伴ったようです。

李香蘭 私の半生/新潮社
¥1,890
Amazon.co.jp

この方を救ったのは、日本の本籍地から取り寄せた「戸籍謄本」だと言います。

こんな紙切れ、と中国人が破り捨ててしまったらそれまででした。(戸籍って大事)

この方が日本人であることは、絶対に秘密だったとありますが、

今となっては、それはどこまで秘密だったかな?と思います。

私は、実は中華民国政府も知っていたのではないかと、個人的には思っています。



それにしても、同じ外地なのに、なぜ台湾からの帰国者には、このような壮絶な物語がないのでしょう。

お別れに涙を流し、舟に乗ったという話を聞くことさえあります。

私の祖父は、戦前台湾で材木の仕事をしていたそうです。

しかし、ちゃんとそういう話を聞く前に、

というより、私が歴史にきちんと向き合うずっと以前に、

祖父は亡くなってしまいました。

祖父は若いころ両親を亡くし、大変苦労して身を立てた人なので、

あまり過去を話したがらない人でした。

私が後年、台湾に住むことになった時、

仏前に報告しました。

もちろん、まったく面影の無い台湾ではありましたが、

それでも古い建物を見かけると、

もしや祖父もこれを見たのかな?などと思いをはせました。

生きていたら、なんと言ってくれただろう。



帰国後、日経新聞で連載された小説。

日清戦争後、台湾で活路を見出した男の物語です。

お時間がありましたら、どうぞご一読ください。


望郷の道〈上〉 (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥720
Amazon.co.jp



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。