ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 櫻井よしこさんの本を読んでみたTOP日本 ≫ 櫻井よしこさんの本を読んでみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

櫻井よしこさんの本を読んでみた

櫻井よしこの日本再興――論戦2013/ダイヤモンド社
¥1,470
Amazon.co.jp
最近話題になった、櫻井よしこさんのご本。
ダイヤモンド社の週刊誌に連載されていたものをまとめた本です。
井上太郎さんがどういう人か全くわからないのでなんですが、
これを読む限り、櫻井よしこさんが特にザイニチに同情的とは思えません。
TPP賛成派と言うことで、櫻井よしこさんを売国奴扱いする保守派がいることも承知していますが、

私は保守派の中にも、

反原発派がいてもいいと思うし、TPP賛成派がいてもいいと思います。

また、あってしかるべきだと思います。

強い日本を取り戻すために、みんなが知恵を出し合うということが一番大切だから。

違う意見だからと言って、叩くのは残念だなあと思います。


あ、でも私は、もちろん国籍法の改正とやらには、大反対です。

日本の場合は、優秀な外国人≒特ア三国人なので、

外国人特区みたいなのも大反対です。



おまけ。


  


十イ分の滝とそこへ行く道にある線路。

みんなじゃんじゃん歩いていきます。

汽車が来ると飛びのきます。

もちろん私も歩きました。



烏來(台北近郊の温泉地)にいくと、トロッコに乗れます。

先住民の食事が食べられますが、はっきり言って口に合わないので、止めておいた方がいいです。


台湾の山間に行くと、私はいつも先住民のことを思い出しました。

そして、ここを統治するために分け入っていった、先人のことも。

八田先生は偉かった。

後藤新平先生も偉かった。

最初に上陸した兵士も偉かった。

オススメ小説。

台湾統治初期の日本人の物語です。

望郷の道〈上〉 (幻冬舎文庫)/幻冬舎
¥720
Amazon.co.jp



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。