ジュヌヴィーヴな毎日

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 日本の「植民地支配」教育TOPアノ人たち ≫ 日本の「植民地支配」教育

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

日本の「植民地支配」教育

韓国障害者教育の先駆け=日本創立の盲学校が100周年


日韓併合後の1913年に朝鮮総督府が初の官立教育機関として創立し、後に韓国の視覚障害者教育の先駆けとして発展した国立ソウル盲学校が今年、100周年を迎え、10月1日に記念式典が行われる。

日韓間では今も「歴史」をめぐる葛藤が続くが、同校の李裕勲校長は「日本の植民地支配には侵略、略奪というイメージもある。一方で、公の障害者教育を最初に始めたことは大きな意味と価値を持つ」と語った。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130926-00000099-jij-kr

この校長先生が、親日罪で社会から抹殺されないことを祈ります。



噂の、日帝時代の教科書。

イラストもあちら風。


オールハングル。


言葉を奪ったって、言ってたよね?


有名なインタビューですね。

そんなことしたら、韓国という国が、国際社会で生きていけなくなります。

この人たちは、どこと休戦中なのか、皆さんお忘れのようです。


おまけ。

男前になりました。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。