ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ K音楽とK国経済TOPアノ人たち ≫ K音楽とK国経済

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

K音楽とK国経済

ぼったくりツアーがいろいろ計画されているようですが、

私は全く関心がないので、

あちこちのブログで散見するだけなのですが、


ここに隠されているのは、

というかもうみなさんお判りでしょうが、

目的はただ一つ。


「外貨獲得」


です。


中国様はもとより、

最近ではトルコでイベント、

ベトナム、インドネシア、噂によると南米各地でも。

当然現地通貨で決済されるはずもなく、

そこで使われるのは国際通貨「ドル」です。

韓国経済は、とにかく困窮しているんだなとよくわかります。

売るものがスマホ以外ないんです。

しかし、スマホもそろそろ頭打ち市場。

車だって発展途上国でこそそこそこ売れているけれど、

信用とかステイタスとかとなったら、

日本車やドイツ車には絶対に勝てません。

だから、とにかく「日本で大人気」というお墨付きと、

下衆なオヤジ枠でアメリカで一発屋的にヒットしたサイのオッサンのおかげで、

「アジアで一番人気、世界的市場に打って出られる音楽」という顔ができるので、

世界中に売り込んでいきます。

別にK国タレントをレディガガとかマドンナ並に大スターに育てたいとか言う、

国家的な願いや計画があるわけではないのです。

単に、

喉から手が出るほど外貨がほしい!!!

それだけ。

これから、K国タレントがどこかで海外でイベント、とか聞いたら、

「ああ、そこから外貨をむしり取ろうとしているんだな」と思ってください。

もちろん、日本以上のお客様はいないので、

これからも日本に向けてますます活発に活動するでしょうね。

ハグ付イベントとかわけのわからんものが多発する予感。

お友達がK音楽がいいねとか言い出したら、

「ダサくね?」と言ってやってください。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。