ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 貧しいのね。TOPアノ人たち ≫ 貧しいのね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

貧しいのね。

U11速報様からいただきました。http://u1sokuhou.ldblog.jp/

韓民族はいまや地球上で最も広範囲に暮らす民族となった。在外同胞財団によると、2011年基準で在外同胞は175カ国・726万人と集計された。

在外同胞財団のキム・ポンソプ調査研究チーム長は「速いペースで膨張中の中国系が130カ国以上に広がり、730万人のユダヤ人が約100カ国に出て行っているのを考えれば、175カ国に進出した韓民族は現在のところ地球村の隈まで最も広範囲に暮らしている」と説明した。

韓民族共同体文化研究院のイ・ソヘン院長(韓国学中央研究院名誉教授)は「南北の人口を合わせた基準で韓民族の海外進出比率は10%にのぼる。これは世界平均(3%)に比べてはるかに高い」と述べた。

イ院長は「本国の人口で見ると、韓民族はイスラエル・アイルランド・イタリアに続いて世界4番目」とし「日が沈む日がない民族になったという意味」と話した。

中央日報は創刊48周年企画で、米国・中国・日本・ロシア・ドイツ・カザフスタン現地取材を通じて、在外同胞社会の現状を4回のシリーズで点検する。

http://topics.jp.msn.com/wadai/searchina/article.aspx?articleid=2098198
http://www.gasengi.com/main/board.php?bo_table=member_translation&wr_id=213752



これって・・・・・要するに、本国が貧しくて希望がないってことですよね。

並べられた各国も、産業がない、歴史的に複雑、以前から貧しい国、などの共通項があります。

そういえば、台湾の淡江大学の語学学校にいたとき、

韓国人のクラスメイトが3人いました。

そのうちの二人がご夫婦で台湾に留学していて、

どちらも移民希望でした。

一組は、カナダに移民予定で、なのに英語でなくてなぜに中国語?と思いましたが、

知り合ったばかりで立ち入ったことを聞いても行けないと思い、聞かないうちに、

お父様ががんになられたとかで、学期半ばに帰国してしまわれました。

いろんな意味で、韓国らしいお話。

そして、もう一組は、宣教師志望の方でした。

この方はとてもまじめで温厚でいい人でした。

奥さんがすごく中国語が堪能で、しかも威厳がおありで、

担任の先生(女性)にPTT倶楽部(怕太太倶楽部=恐妻家クラブ)とからかわれていました。

彼は当然兵役も済ませていました。

そうそう、兵役と言えば、クラスでも話題になりました。

韓国の兵役期間は、恋人たちがわかれちゃったりするので、

暗黒の期間?なんか言われてましたね。

台湾にも兵役(当兵)があるので、

「日本には兵役はないよ」と言ったら、

「いいねー」と羨望のまなざし。

いや、第二次世界大戦以降、軍備が認められてないから、と言うことが、

案外知られてないんだな、と実感した瞬間でした。

でも、韓国人のクラスメイトはご存知でした。

「でも自衛隊があるんだよねー」って。

さすがお詳しい。


話を移民に戻しますが、

他のクラスにも、移民希望の方がいっぱいいました。

なので、留学生のほとんどが、みな兵役を済ませた成人男性ばかり。

皆さん、言ってみれば無職の状態で、台湾に来ていたんですね。

不安はないのかなー。なんて思いました。

今アメリカでも問題になっている、早期留学の小中学生も、

将来的には韓国国内での就職や成功と言うより、

移民を見越しているのではないかなと思います。

自国に希望が持てないなんてかわいそうだと思います。

そういうと必ず、

「日本にだって希望が持てない格差社会だ!と言う人がいますが、

だからといって、何もかも捨てて身一つで移民しようと思うほど、

せっぱつまってないじゃないですか。

何のかんの言って、日本が居心地いいからですよ。

そういうことをかんがみて、今一度このニュースを見ると、

なかなか感慨深いものがあります。


とにかく日本に来ないでー。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。