ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ センター入試の外国語試験TOPひとりBPO ≫ センター入試の外国語試験

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

センター入試の外国語試験

外国語の難易度と点数の扱い[編集]

外国語科の平均点の推移

センター試験では開始当初、共通一次試験と同じく英語ドイツ語フランス語の3ヶ国語のみ試験を行っていた。その後、1997年度からは中国語を、2002年度からは韓国語を導入した。

英語以外の外国語は、外国系日本人や帰国生徒などのそれらの言語をいわば母国語またはとしていた人が多く受験しているため、英語に比べ平均点が高いことが多い[8]。私立大学では学部を問わず、センター試験での英語以外の外国語の得点が認められる場合が多い。ただし、韓国語のみ認められない場合などもある。 国公立大学については、ドイツ語・フランス語は、学部を問わず認められることが多い。中国語も、比較的選択可能な大学は多い。

なお、外国語の試験で英語にリスニングが導入された結果、英語の総合得点(素点)が250点満点となるため、他の外国語の200点満点と50点の差が生じる。差分の調整方法は各大学によって異なる。以下にいくつかの例を示す。

  • 筆記とリスニングの合計250点満点を0.8倍して、200点満点に換算する方法
  • 筆記とリスニングの各得点を調整し、合計すると200点満点になるように換算する方法
例:筆記200点満点を180点満点に換算、リスニング50点満点を20点満点に換算した後合算する。
  • 筆記のみ200点満点の点数と、筆記とリスニングの合計250点満点を0.8倍して200点満点に換算したものとを比較し、得点の高い方を英語の得点として採用する方法
  • リスニングの得点を考慮せず、筆記の得点のみ参考とする方法
  • 差分を調整せず、そのまま250点満点とする方法

2011年度のセンター試験では、100点満点換算で平均点トップの「韓国語」と最下位の「英語」に13点以上の差があったことも明らかになり、「英語選択者が不利」という批判も出ている[9]




Wikipediaのコピーです。

これって、帰国子女とザイニチ優遇政策以外何でもないような気がするんですけど。

ザイニチのみなさんは、韓国語が母国語ですから、本来なら英語を選択するべき。

ずるい。

私が受験生なら、怒りまくるね。

純国産受験生差別ですよ。

これが在日特権でなかったら、何?


         

まじで、私たちもこういう勉強をした方がいいかも。

ズルさには、ズルさで勝つ!

いやな時代になりましたねえ。(セキムチ宏風に)


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。