ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 周辺国って、どこのこと?TOPアノ人たち ≫ 周辺国って、どこのこと?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

周辺国って、どこのこと?

公明党の山口那津男代表は今回、安全保障政策に関する主張の論拠をまた一つ失った-。インドネシアとブルネイを訪問し、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳らとの会談を重ねた安倍晋三首相に同行取材し、そう実感している。

「首相としては、集団的自衛権の見直しを含む自らの安保政策『積極的平和主義』に、各国から理解が得られたのが大きい。否定的反応は全くなかった」同行筋はこう指摘する。むしろ首相の説明に対し
「日本はもっと積極的に役割を果たしてほしい」と求める声もあったという。

同行筋は、秋の臨時国会での野党による安倍政権の安保政策に関する追及を念頭に語ったようだ。ただ、筆者はこれを聞きながら9月26日の山口氏の記者会見の言葉を連想していた。

◆集団的自衛権で溝
山口氏は集団的自衛権の見直しについて、「断固反対」と述べた7月段階よりトーンを弱めつつも、こう強調していたからである。「周辺諸国、近隣諸国および同盟国の理解を促す努力も求められる」

それが今回、首相はASEAN各国のほかオーストラリアやニュージーランドなどの首脳からも理解と支持を得て、「周辺諸国」という条件は難なくクリアできた。「同盟国」である米国はすでに3日、ケリー国務長官とヘーゲル国防長官が東京を訪れて開催した日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)の場で、集団的自衛権の行使について正式に歓迎を表明している


支持母体である創価学会の事情もあろうが、「アジアの安全保障環境は一層厳しくなっている」(安倍首相)。安保政策でいたずらな遅延策を続けるようでは、山口氏は国民の生命・自由・財産の保護を軽視しているとのそしりを免れない。

001

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131012/stt13101213050004-n1.htm


米国「日本の集団的自衛権見直し歓迎」 ASEAN諸国「異議なし」 公明「あれ?予想と違う…」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1381556086/



なっち、そろそろ現実を見ようよ。

タイサク閣下がいくらザイニチ出身だからと言って、もう配慮するのはよそうよ。

「日本はもっと積極的に役割を果たしてほしい」

現在進行形で、領海侵犯どころか島しょを奪われている国にしたら、

国力があるくせにガツンとやってくれない日本は歯がゆいでしょうね。

できたら、どんどん日本に来ていただいて、

記者会見やらインタビューやら観光客誘致イベントやらで、

じゃんじゃんこういうことを言ってほしいですね。

私も長いこと、

「日本はアジアの国々にひどいことをした。

日本が再軍備することはアジアの国々が許さない」という嘘に騙されていたので、

ぜひ、

「アジアの国々は望んでいる」ということを、

日本のメディアに限らず、元の宗主国のメディアで発表していただきたいですね。


最近では、アジア諸国が嘘だとばれてきたので、

東アジアという地域限定型になりましたね。

笑えます。

さらに最近では、周辺国という、更にあいまいな表現に。

はっきり、特定アジア三国っていえばいいのに。

往生際が悪いです。


この一言だけで、この方は一生分のお仕事をなさったと言っても過言ではないと思います。

よしこ、GJ!

http://www.youtube.com/watch?v=91J1qvbBzTE&feature=player_embedded



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。