ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 新しいATMはどこだ?TOPアノ人たち ≫ 新しいATMはどこだ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

新しいATMはどこだ?

原子爆弾被害者の子女5人に1人は先天性奇形や遺伝性疾患の苦痛を味わっていることが調査された。

慶南道(キョンナムド)は慶南に暮す原爆被害者1世代666人、2世代339人、
3世代120人など計1125人の生活実態を去る3月から3ケ月間調査して、その結果を16日に明らかにした。

今回の調査は昨年1月12日‘慶尚南道(キョンサンナムド)原子爆弾被害者支援条例’が作られたのに伴ったもので、
地方自治体が公式に原爆被害者実態調査を行ったのは国内で初めてだ。
特に原爆被害者2世代と3世代など子孫まで調査したことは日本を含め世界でも初めてだ。

調査結果を見れば、1945年日本の広島や長崎で原子爆弾に被爆した原爆被害者1世代の子女の内、
23.4%は先天性奇形または遺伝性疾患を持っていると調査された。
原爆被害者2世代の子女13.9%と3世代の子女5.9%からも先天性奇形または遺伝性疾患が発見された。
先天性奇形は耳がなかったり、手・足・顔・肺・心臓などに現れた。

また、障害者登録証を持っている人が1世代12.8%、2世代9.1%、3世代3.3%で平均10.0%に達した。
これは全国障害者登録率5.0%の2倍に達する数値だ。
障害は脳性マヒ、小児麻痺、身体障害、視覚障害、ダウン症候群などと現れた。
原爆被害者の最も大きな心配はやはり‘出産、子供の健康など遺伝的不安感’であると調査された。

今回の調査に対して‘原爆被害者および子供のための特別法推進連帯会議’は
「政府が手をこまねいている間、地方政府次元でも原爆被害者と一部子孫に相続されている被害に対して
支援に出たことに大きな意味がある。 形式的な1回きりの調査に終わらせず、
粘り強い研究調査とともに被害者とその子孫に実効性があり的確な支援政策の実施につながるよう
慶南道が着実に努力することを願う」と明らかにした。

原爆被害者2世の憩いの場である‘陜川(ハプチョン)平和の家’は
「慶南道による国内初の実態調査に対して国内被害者はもちろん日本政府も注目している。
今こそわが国政府が国家的次元で原爆被害者とその子孫の問題をきちんと明らかにして
歴史的責務をつくすために乗り出さなければならない時」と明らかにした。

慶南道は「調査結果を原爆被害者に対する総合的な支援施策を作るための基礎資料として活用する計画」と明らかにした。

1945年当時、日本で韓国人は7万人余りが原子爆弾に被爆し、4万人余が命を失い、
生存者の内2万3000~3万3000人余が韓国に戻った。
現在、国内の原爆被害者1世代の中で生存者は2510人余だ。

チェ・サンウォン記者

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/15830.html

20131017114250_1_1

なんで今頃、原爆被災者の2世3世の話になるんでしょうか。

韓国ウォッチャーのらすぐわかりますね。

①お金が欲しい、できれば未来永劫お金をよこせ

②WTOへの提訴を取り下げさせたい

③いつものディスカウントジャパン


だいたい、被爆2世、3世のそういう問題があるのなら、

昭和20年に胎内にいて、その後出産してその子に異常が見られ始めたとして、

早めに見積もっても日韓基本条約を締結するころには、明らかになっていたはずなので、

その時に言わないのはおかしい。

その後も慰安婦だー、何だーと文句を言い続けてきたのだから、

その時に合わせて言わないのもおかしい。

単にネタを探してきて、無理くり言ってるのがバレバレ。


それに、この左の女性は、お見受けするにダウン症の方ですよね。

ダウン症は確かに先天的な遺伝子の異常によるものですが、

どこにでもある、普通に見られる障害です。

これを原爆のせいにするのは、非科学的です。

それならば、広島・長崎県内のダウン症児の出生率が他の都道府県より、

突出して多くなければおかしいですよね。

これは、広島・長崎両県の、何のデータを調べればいいんでしょうか。


そして、なぜか韓国人原爆犠牲者の数が、ものすごく水増しされている気がします。

当時の広島・長崎の人口に対して、あまりにも数字が多すぎ。

一体当時の広島の人口割合は、どうなっていたんでしょうか。

Wikipediaによりますと、

当時の広島市の人口35万人(推定)のうち9万~16万6千人が被爆から2~4カ月以内に死亡したとされる

長崎市の人口24万人(推定)のうち約14万9千人が死没

とありますので、

被害者のかなりの割合を、朝鮮人が占めることになり、かなり不自然なことになります。

先の記事をもとに簡単に計算すると、

30万人の死亡者のうち、4万人が朝鮮人となると、7.5人に1人が朝鮮人ということになります。


よしんば、この盛ってる人数はともかく、内容が本当だとしましょう。

でしたら、これは日本に対する損害賠償なんていう、けち臭い問題ではなくて、

核兵器による子々孫々にわたる被害であるので、学会で研究発表すべき問題です。

それこそ、これを科学的に立証し、データの裏付けを取り、

日本の関連団体(原水禁とか原水協とかじゃないよ)と共同で研究すれば、

それこそノーベル賞も夢じゃないです。

シャザイとバイショーを要求するニダ、に使ってはダメよ。






スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。