ジュヌヴィーヴな毎日

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 創氏改名についてTOPアノ人たち ≫ 創氏改名について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

創氏改名について

私も長らく騙されていた、創氏改名。

日本人は、朝鮮人の名前を奪って、日本風の名前に変えさせた。

これは、真っ赤なウソであることは、もう誰もが知っていることですね。

では、本当はどうであったか。

私のサイトでないので、恐縮ですが、

いろいろ調べていて、大変素晴らしいサイトを見つけたのでご紹介します。

この方は、今釜山にお住いの日本人の方のようです。

先日も、「美活石鹸」とそのモデルさんのお写真を、こちらから拝借いたしました。

http://nekonote.jp/korea/old/life/sosi/index.html

大変充実したコンテンツですので、ご一読をお勧めいたします。


ちょっとだけ拝借してコピペ。写真は、あちこちで集めてきたものです。


昭和15年(1940)に2学年を修了した年に
朝鮮総督府は創氏改名の法律を作りました。


姓を作ること(創氏)は戸籍作りなので強制です。
朝鮮に住んでいた人はすべて創氏しています。

朝鮮には無かった家の制度を日本と同様に
実施する事が目的
です。
日本式の姓を作って家の姓とする人が多かった
ようですが、一族の姓をそのまま家の姓として
届けた人もいます。


なんとなく、私たちは全員が日本名に改名させられた、それが創氏改名だと思い込んでいますが、

目的が「戸籍制度」となると、がらりと印象が変わります。

日本式の家制度というと、目の色を変えていやがる日本人もいますが、当時としては足り前の「国勢の把握方法」でもあったので、何の問題もありません。

なにせ、植民地ではなくて、併合。

尊い日本国民ですから、把握するのは当たり前です。

むしろ、把握しなかったら、その方が問題。人扱いしていなかったことになりますから。


創氏の意味を金とか朴という朝鮮式の姓を日本
式の姓である木村,大原に代えることだという
誤解 も多いです

創氏の受付しないで職権で戸主の姓をそのまま
家の姓にしたほうが手間が省けるので朝鮮総督
府としては好ましいのですが、要望があったので
特別に半年間の届出期間内は創氏届けを受理

したのです。


  



   新聞広告。ハングルも入っています。言葉を奪った?ふーん。


  こういうのに騙されていた「良心的日本人」の私たち。


takeshima[1]



















こう言うのを「拡大解釈」と言います。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。