ジュヌヴィーヴな毎日

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 外交問題にしたのは誰?TOPアノ人たち ≫ 外交問題にしたのは誰?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

外交問題にしたのは誰?

まずは、あちらの大手新聞の社説から。


東亜日報


日本、靖国神社ではなく別の戦没者追悼方法を

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013102148888


日本の有力紙、朝日新聞が19日付の社説で、靖国神社参拝問題と関連して、「外交的な摩擦を招くことがないような、新たな戦没者追悼のあり方を考えること」を提案した。A級戦犯を合祀した靖国神社への政治指導者の参拝は、戦争責任の否定と認識され、政教分離の原則に反する疑いが生じると指摘した。


中略


今月初めに日本を訪問した米国のケリー国務長官とヘーゲル国防長官は、靖国神社ではなく千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪れて献花した。日本がナショナリズムの論理で靖国参拝を正当化しようとすればするほど、他国が感じる拒否感と反発は大きくなるだろう。日本が心から国際社会の責任ある一員として平和的善隣外交を追求するなら、靖国参拝ではなく周辺国が受け入れることができる新しい戦没者追悼の方法を選択することが望ましい。それが日本の国益にも役立つだろう。



ふふん。

そもそも、「朝日新聞」が勝手に中国にご注進あそばし、外交問題にしたのです。

しかも韓国は乗っかってきただけ。

周恩来首相も参拝した靖国神社。

宗教というものを、すべて否定している共産党国家に、他人の信仰についてとやかく言われたくありませんね。

私の遠縁のアカの一家は、初詣にも行かないです。

そういう人たちなんですよ、共産主義者というのは。

旧ソ連、東欧各国で、協会が弾圧されたのも記憶に新しいところでしょう。

そして、あの歴史に残る茶番劇「東京裁判」、

あれでA級戦犯とされた人は、国会で名誉を回復されていて、それには旧社会党も共産党も賛成票を投じています。

慰安婦と同じで、これを外交問題にした朝日新聞こそ、断罪されるべき。

そして、こんなことに配慮していては絶対にいけません。

すでに、中国の一部は全国各地の「護国神社」にもいちゃもんをつけています。

そのうち、全ての神社にもイチャモンをつけてくるでしょう。

首相の伊勢神宮参拝にすら、喜々として文句をつける朝日新聞、

これが日本の新聞と言えるでしょうか。


そうそう、私がまだまだ幼いころ、全国的に有名な伝統的なお祭りが、地元であるのですが、

そこで出される「山車」が、雨が降ると傷むので、街に出るのが取りやめになります。

それを、朝日の地方記者が、

「これだけ大勢の人が楽しみに見に来てるんだから、今の時代、電気制御にするなどして、多くの人に見てもらうようにすべきじゃないのか」とアホな記事を出していました。

それでは、駅前のからくり時計と同じです。

伝統工芸、伝統文化というものの、意味が分っとらんのか、このボケは?と子供心に思いましたね。


これを、全自動の全天候型にしろと?


さすが、

な新聞だけあります。まじでKYって誰だ?




そして、「日本の国益」?

韓国さまが、日本の国益についてまでお考えになってくださるとは…とありがたがるところなんでしょうか?

はっきりって、文句つけてくるのは、韓国様と中国様、そして中国様だけ。

どんな国益があるのか、具体的に言っていただけないでしょうか。


国際社会の責任ある一員として平和的善隣外交を、

この68年間、ずっとやってきましたが、何か?

莫大な経済援助、ODA、コメ支援。

あなた方は、あれからいくつ戦争していますか?

中国様は、インドと、ベトナムと、韓国と。

韓国様は、朝鮮戦争で同一民族同士と、ベトナム戦争と。

北朝鮮様は、朝鮮戦争。そして、意味不明な大韓機爆発やラングーン爆破事件。

どっちが平和的善隣外交をしてきたか、

それこそASEANかなにかの全体会議で挙手で回答してもらいたいくらいです。


なので、閣僚はもとより、議員も、一般人も、一切気にする必要なし。

行きたい人は行けばいいし、行きたくない人は行かなくていい。

ここは、信教の自由の保障された「日本国」です。

まして、外国人に日本人の信仰までとやかく言われる筋合いはありません。

テロをしたからイスラム教をやめろ!と、イスラム諸国にイチャモンつける国がないのと同じです。


あと、行かないからと言って、行かない閣僚を非難する人も、

私は違う、と思います。

国家運営は、それだけではないので。

このことで騒ぐのは、実は中国・韓国に加担していることに気がついてほしいです。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。