ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 統一教会 間一髪で逃げた方からのコメントTOP日本 ≫ 統一教会 間一髪で逃げた方からのコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

統一教会 間一髪で逃げた方からのコメント

昨日、統一教会について書きましたところ、

大変貴重なコメントをいただきました。

ご本人様から了解をいただいておりますので、

その方のコメントを、改めてここにアップしたいと思います。

http://ameblo.jp/nipponnoobasan/entry-11649021154.html


統一教会は本当に怖い


桜田淳子が合同結婚式に参加したことで、統一教会の恐ろしさが一般に知られるきっかけにはなりましたね。

実は、私、29歳のとき、両親のこと、仕事のこと、そして、結婚のことで、悩みすぎ、どうしてよいかわからない状態がありました。そのとき、例の「手相をみさせたください」にひっかかってしまいました。

そのまま、事務所らしいところに連れこまれ、信者の人に囲まれて、先祖代々の因縁の話をされ、印鑑を買わなければ、運命は好転しない・・と脅されて、すごく高い印鑑を購入するはめになりました。そして、仏像とセットで、300万円というとんでもない金額も納得してしまったのです(ノ゚ο゚)ノ

そして、月7万払いながら、ビデオセンターというところにも通いはじめました。
で、ついに、研修の話を持ち出されましたが、それは日程があわず、断ってました。

で、冷静になると、ビデオセンターで学ぶ内容が自分には受け入れがたいことが多く、面倒になったこともあり、行かなくなりました。

その後、本屋でたまたま、統一教会についての本をみつけ、まさに、自分が観させられたビデオの内容は、統一教会の教育ビデオであったことがわかりました。
あの人達は、信者にするまで、統一教会という名前は一切言わないので、本屋で偶然見なければ、気づかなかった(-。-;)

そして、300万で購入した、印鑑と仏像については、そのままにしてしまっていたのですが、33歳のとき、父が亡くなったことをきっかけに、泣き寝入りせず、取り返そうと、弁護士に相談。

その後、弁護士からは、何の連絡もなく、手数料だけとられただけか~と忘れかけてとき、突然、弁護士から連絡をいただき、半額の150万は戻るというお話でした。
そこで、また、手数料をひかれ、実質、戻ったのは、130万だったでしょうか??

高い授業料では、ありましたが、あのまま、信者にさせられてたかもしれない・・と考えると、170万くらいの損失は、まだましだったかもしれません。

それこそ、洗脳されて、韓国の貧農に嫁がされた日本女性は気の毒でしかたありません。

桜田淳子には、芸能活動禁止令を出してほしいです!!


アップしてください


人の悩みにつけこんで、お金を巻き上げるだけではなく、人の人生を狂わせても、何とも感じない(特に、日本人に対しては)
悪魔の教団です。

私の場合、お金だけですんだので、まだよいです。
あのまま、疑いもなく、信者になってしまっていたら、わけわからない外国人と結婚させられていた可能性大です。
実際、あの当時、黒人でもよいか??と打診はありました。
私のような体験でも、よろしければ、ぜひアップしてください。

最悪の事態を免れたのは、おっしゃってくださってるように、神様とご先祖さまのおかげだと思います(=⌒▽⌒=)



すべて原文ママでございます。

この文面につきましては、すべて著作権はユウゼン@oga様にありますので、

勝手にコピペ、または引用はなさらないでください。

リンクをされるのはかまいません。

人は弱っていると、何かにすがりたくなります。

そういう生き物です。

だれにでも、そういう落とし穴にはまってしまう恐れがあります。


アメブロで、統一教会、で検索してみてください。

脱会した方、脱会できずに苦しんでいる方、の他に、

高らかに教祖の素晴らしさを歌っていらっしゃるブログがあります。

まだまだ現役の宗教団体です。

気を付けてください。

私のブログのようにつたないブログまで見てくださる方は心配ないと思うのですが、

統一教会に入会することは、韓国に献金するのと同じ、肝に銘じてください。


経験談をシェアしてくださった、ユウゼン@oga様、ありがとうございました。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。