ジュヌヴィーヴな毎日

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 噂の彼女 メルケルTOP普通のブログ ≫ 噂の彼女 メルケル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

噂の彼女 メルケル

カテゴライズが難しい話題。


メルケル太太をオバマ先生が盗聴した問題。


盗聴は論外ですが、気持ちはちょっとわかる。


AM Juli 2010 - 3zu4.jpg

メルケル太太は


①ポーランド人でドイツに徴兵された父と、カシューブ人(平たく言うとポーランド人)の母の娘

 結局はポーランド人?

②生後間もない時に、東ドイツへ移住、成長する。

 東ドイツで必修科目だったロシア語に堪能

③東ドイツで科学者になる

 旧社会主義圏の科学者・・・・。

④ベルリンの壁崩壊後に政界へ転身

 先行きが見えなくなった、科学アカデミーを辞めたんだそうです。

⑤エピソード

 ハイリゲンダム・サミットでは、ブッシュ大統領に肩を触れられた際、驚いて肩を 

 いからせるリアクションを取った(アメリカでは面識のある異性の肩に手をかける 

 行為は親しみの表現として容認されている)。

 セクハラに鈍感な男性も困りますが、相手国の文化に疎い政治家も困りもの。

➅発言

 私は時にリベラル、時に保守、時にキリスト教社会主義です。それこそがCDUを

 なしているのです」(2009 

 年9月)

 そんな都合のいい話はない。

もし、私がオバマでも、いやクリントンでも、マケインならさらに、ちょっと気になる彼女です。


ちなみに、同じく盗聴されたらしいオランド仏大統領も、社会党。


それから、私はスノーデン氏のことを、二重スパイ認定しています。

やってることが、「誰得?」なので。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。