ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 好きでブログを書いているわけではないTOPアノ人たち ≫ 好きでブログを書いているわけではない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

好きでブログを書いているわけではない

誰からも求められたわけでもないのに、

なぜ、こんなブログを書くかと言うと、

正直言って、日本の将来に危機感を覚えているからだ。

嫌韓なんて、生易しいものではない。

正直、かなりやばいところに来ていると思っている。

マスコミの中に入り込んでいる在日パワー、

この人は、戸籍ロンダリングの噂の高い山岡賢次氏。


政治家だって、帰化人がいっぱい。

帰化したら資格ありっていうのはものすごく甘い考えだ。

天下の移民国家アメリカ合衆国で、韓国系アメリカ人が何をやっているか。

の人は、自称日系のマイクホンダ議員。

日系のくせに、HPに日本語の表記が何もないうえ、本人も日本語が話せない、この不自然さ。


慰安婦像を建てたり、

慰安婦通りを作ったり、

市を丸ごとコリアンタウン(住民の大半が韓国人)にしちゃったり、

韓国系の発言権を高める運動をしたり、

つまり「アメリカ合衆国」のために働いている韓国人はレアだ。

どこまでも自らの血のみなもと、朝鮮半島のために動いている。

そんな民族が、日本在住者に限って、日本のために働くなんて、

考えるほうが間違いだ。

うまでもなく、潘基文国連事務総長。皇太子殿下とは仲良し。

アノ人たちは、

自分たちの家族のために、氏族のために、故郷のために、そして民族のために動く。

彼らにとってそれは正義なので、

他の国の人間がとやかく言っても、どうしようもない。

むしろ良いことをしていると思っているのだから。

だから、テレビ局に入ったザイニチは、

同じザイニチを優遇し、

韓国人の社員を採用する。

潘基文は韓国のテレビを導入し、韓国人スタッフを採用する。

彼らの文化にとっては、それは正義であり、当たり前のことなのだ。

そんな文化的背景を持つ人々が、日本国の

行政、司法、立法の人間になって、

韓国やザイニチを利するために働かないはずがない。

きれいごとに騙されないで。

権利だけが平等なんてありえない。

権利が平等なら、義務も公正さも平等であるべき。

さらに、公に属する人間ならば、何よりも日本の国益を優先させるべき。

この方が、世宗研究所の陳チャンスさん。

昨日BSフジのプライムニュースを見た。

韓国の世宗研究所のオッサンが出ていた。

二言目には、

「朴クネ大統領は約束を守る大統領」

「国内の約束はすべて守る大統領として評価が高い」

「日本政府は約束を守らない」

「日本政府は村山談話を継承し歴史認識について誤りを正すべき」

そればっか。

約束って、何よ?

公約が守れてないって、もっぱら評判なのに、

視聴者にいい加減なこと言わないでよ。

だいたい、あなたたちの日本政府に持ってほしい「歴史認識」って何よ?

まず、それを明文化して、日本国民の前に提示してほしい。

このオッサンも、

「日本が歴史認識を守れば、それで何もかもお終いになる」と言ったけど、

ウソばっか。

謝って謝っても、次々とネタを変えてたかるばかり。

韓国の最高裁の変な決定についても、

「ご存じのように、韓国は三権分立ですから、

政府は司法の決定そをんちょうしなければならない」って、そればっか。

最近では、過去の請求権が生きているという見方が、世界の主流、だとも言っていた。

それって、どこの世界の話?

日弁連前会長にして、反日活動家の宇都宮健児氏。

そうそう、日弁連は、韓国の法曹界と「交流」しています。

あんな、遡及法やら、国際法を無視した決定が支持されるような、

三流法曹界と、何の交流をして、何を学ぶんでしょう。

日本が悪い、日本が悪い、と

お互いにワッショイしあうだけの会ならば、参加しないでいただきたいし、

日弁連を解散してもらいたい。

政治活動をする弁護士って、変じゃないですか?

司法の人間が立法に口出しすることはOK で、

逆はダメなんて、ファッショだ!


これは、悪口ではありません。

単なる事実とその感想です。


こんなブログが必要なくなる日が来ますように!

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。