ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ こんなところにも捏造ドラマがTOPひとりBPO ≫ こんなところにも捏造ドラマが

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

こんなところにも捏造ドラマが

ANXミステリー ミスマープル なぜエヴァンズに頼まなかったのか

http://mystery.co.jp/program/evans/


めんどくさいので、あらすじは読まなくてもいいですが、ご参考までに。

「なぜ・・・頼まなかったか・・・エヴァンズに・・・」息も絶え絶えに、崖から転落した瀕死の男が残した最期の言葉。謎のエヴァンズの正体とは?

牧師の息子ボビー・ジョーンズ(ジェイムズ・ワーウィック)は、トーマス医師(バーナード・マイルズ)とゴルフの最中に、崖から転落した男を発見し、「なぜ・・・頼まなかったか・・・エヴァンズに・・・」という最期の言葉を耳にする。救助が来るまで男のそばで見守っていたかったが、ボビーは6時の礼拝までに戻らなければならなかったため、家を探しに来ているというバッシントン=フレンチという男に後を頼んで立ち去ることにする。
後日、ボビーは、偶然電車に乗り合わせた幼なじみのフランシス(フランセスカ・アニス)から、転落した男の身元が持っていた写真から判明されたと聞く。
写真の人物は男の妹であるケイマン夫人と言い、男を「兄のアレックス・プリチャードだ」と確認したのだ。
やがて、検死審問が行われることになり、ボビーとトーマス医師は第一発見者として出廷することになるが、そこに同席していた男の妹だというケイマン夫人を見てボビーは驚きを隠せなかった。ボビーは、男が持っていた写真を付き添っている時に見ていたが、その写真の人物とケイマン夫人は似ても似つかなかったのだ。

ケイマン夫人から「何か遺言はなかったか?」と聞かれたボビーは、その場は忘れていたものの後日「なぜ・・・頼まなかったか・・・エヴァンズに・・・」と残した男の言葉を思い出し、ケイマン夫人に手紙を出すことにするが・・・



原作は、ミス・マープルは出てきません。

http://www1.jcn.m-net.ne.jp/rays_room/Critique/Christie/Evans.html



何が問題かと言うと、


キーパーソンが思い出を語る時、彼女と夫が中国で出会った話になります。

そこで、話は突然、日本批判。

皇帝が国を売った。

日本人に利用された。

夫は日本人を批判した。

夫は殺された、犯人は日本人。

私たちは脱出した。


犯人が動機を語ります。

母に中国で捨てられた。

兄は親切なイギリス人に保護されてイギリスに帰れた。

私はそうはいかなかった。

兵隊たちを慰める仕事をさせられた。



これ、英語で聞いたわけではないので、正確なスクリプトはわかりません。

本来、この「なぜエヴァンズに頼まなかったか?」は第一次世界大戦がモチーフです。

しかし、翻案して第二次世界大戦と言う、よりアップデートされた話題にしたのですね。

それならなおさら、

①愛新覚羅溥儀が日本を選んで満州国を立国したのは、自ら父祖の地で帝国を作り直したいという野望があったから。

②イギリス人の未成年を慰安婦にしたのは、一体どこの国の軍隊だったのか。

③その夫が避難したのが日本でそのために殺されたのなら、激しい国際問題になっており、開戦の理由の一つになったはず

④愛新覚羅溥儀の家庭教師のイギリス人の著書「紫禁城の黄昏」をちゃんと読め!

と思います。



ドラマの制作は1980年。



大好きなシリーズですが、たいへん不愉快になりました。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。