ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 朝日新聞がNHKを語るTOPひとりBPO ≫ 朝日新聞がNHKを語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

朝日新聞がNHKを語る

社説:公共放送―政治では変えられない


これで公正・中立な公共放送が保たれるのだろうか。


NHK経営委員に作家の百田尚樹氏ら5人(うち再任1人)を充てる人事が国会の
同意をうけ、経営委員会の顔ぶれが変わった。
新任の4人は百田氏をはじめ、
哲学者の長谷川三千子氏ら、いずれも安倍首相と近い間柄だ。



安倍色の濃い人事に、野党は「経営委の私物化だ」と反発した。NHK内部では「これほど
首相に近い人物をそろえた露骨な人事は前例がない」と職員らが不安を募らせている。



経営委はNHKの経営をチェックするとともに、現場のトップである会長の任命権をもつ。
定数12の経営委員のうち9人以上の賛成がないと会長には就任できない。


松本正之会長の任期は来年1月で切れる。政権内には、最近のNHK報道が原発や
オスプレイの問題で反対の方に偏っているとの不満がくすぶる。

そんな折の人事。公共放送への政治介入が疑われかねない。


こんなことがあった。第1次安倍政権だった2007年、首相と親しい
古森重隆・富士フイルムホールディングス社長(現会長)らが経営委員になった。

委員長に就いた古森氏は経営委で「選挙中は歴史ものなどでいつも以上に注意を」と
発言し、番組介入との批判を浴びた。



当時、相次いだNHKの不祥事の対策として経営委の監督機能強化を柱に、放送法が
改正された。
同時に改正案には、経営委員が個別番組の編集に介入することを禁じる
項目が盛り込まれ、08年から施行された。



そして今回の人事である。番組編成や役員人事に大きな権限をもつ会長を通じ、
NHKの番組内容や報道姿勢に影響力を行使しようという意図があるなら、
放送法改正の趣旨に逆行すると言わざるを得ない。


logo

asahi.com 2013年 11月 18 日(月)付
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1



ふふ、ふふふふ。

まともな日本人なら、このところのNHKの妙な具合は、

肌で感じていたはず。

私よりずっと後に帰国した友達は、

日曜夜の一番落ち着いてテレビが見られる時間になぜ韓国ドラマ?と

素直に驚いていました。

夜9時のニュースのキャスターは、OBの池上氏を対談に呼び、

ニュースを伝えるはずの番組内で、

OB対現役という、内輪の対談を公共の電波で垂れ流し、

(そんなもん、どっかの喫茶店でやれって話)

挙句、自身を視聴者の「羅針盤になりたい」と言い放ちました。

羅針盤て・・・・あなたの指し示す方に行け、と言うことですか?

そういうのって、世論操作って言いませんかね?

勘違い野郎はもう要りません。


しかし、東大って、こういう人材ばかりなの?

国費を使って反日人材を養成するって、なんのプレイなんでしょう。

和田名誉教授とか、カンサンジュ元教授とか、

○ソばっかり。

ノーベル賞が取れないのもむべなるかな。

(私の高校の同級生で、東大入った子も、変な子でした・・・・・)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。