ジュヌヴィーヴな毎日

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ EU大統領と安倍首相TOPひとりBPO ≫ EU大統領と安倍首相

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

EU大統領と安倍首相

首脳協議を前に欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領(左)、バローゾ欧州委員長(右)と握手を交わす安倍晋三首相 =19日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影)


 日本と欧州連合(EU)による定期首脳協議が19日、首相官邸で開かれた。安倍晋三首相はファンロンパイ大統領、バローゾ欧州委員長との会談で、経済連携協定(EPA)について「可能な限り早期締結に向けた決意」を表明。交渉加速に向け、関税を撤廃する品目リストの交換を速やかに行うことで合意したとの共同声明を発表した。声明には、中国を念頭に、安全保障分野での協力を拡大することも盛り込んだ。

 EPA交渉は今後、EUが関税撤廃を実現したい日本の農畜産品の扱いが焦点となるが、首相は会談後の共同記者会見で「包括的かつ高いレベルのEPAを目指すことで一致した」と述べ、成果を強調した。

 安全保障分野では、中国の積極的な海洋進出の動きを念頭に、共同声明に「緊張を高めるいかなる一方的な行動も回避し、威圧的な行為を放棄するよう求める」と明記。法の支配に基づく「平和的な解決策の追求」を確認した。EU側の両氏は20日に中国を訪れ、こうした課題への対応を求める考えを示した。日EUで世界シェアの6割を消費する天然ガスの安価での購入に向け連携を強化することも決めた。

http://t.topics.jp.msn.com/t/news/economy/article.aspx?cp-documentid=254000918


朴クネ大統領の最終訪問地ベルギーで悪口をさんざん聞かせたお相手、

EUのファンロンバイ大統領と安倍首相の会談です。

TPPだけでなくEUとのEPAでは日本の農家もおちおち眠れない・・・かもしれませんね。

しかし、韓国はもっともっと多数の国と二国間FTAやスワップを結んでいます。

万一TPPが形骸化、最悪決裂した場合には、それらが大きな意味を持つようになります。

日本としては、一国でも多く、安全保障だけでなく経済協力の相手を見つけておくに越したことはありません。

こんなにTPPが騒がれる前は、文化人と言われる人たちの中で、

「日本は輸入チーズが高すぎる」

「国内の養蚕業が地元選出の議員がいるせいか、安い海外のシルクに関税がかけられているのは問題だ」

等と言う声が聞こえたのが、雲散霧消してしまいました。

今は、日本の農を守る、がトレンドのようです。

もちろん、私は地方の農村出身者として、

激しく日本の農業と山林の荒廃には心を痛めておりますので、

TPPの行方は、きっちり見守りたいと思っています。



韓国が中国にすり寄ってることに、日米が注目していますが、

そのことについて、昨日日経新聞で韓国の学者がインタビューに答えていました。

「地形的に中国の脅威は日本の比ではない。韓国には韓国の事情がある」というのが、

簡単に言うと、結論でした。

真っ当な自由主義圏の国であったら、中国の脅威に気がつかない方がおかしいのに、

ナニ言っちゃってるんでしょうね。

さらに、「慰安婦問題を解決することが、日韓関係を改善させるカギ」と言っていました。

村山総理のアジア女性基金も、河野談話による謝罪も、

なーーーーーんにも意味がなかったと言ってるようなもの、と気がついてないあたり、

コリアンクオリティだなあと思いました。

長年生きていると、

慰安婦問題の勃発時からのいきさつを、全部記憶しているものです。

たいていの日本人は、そろそろ「おかしくね?」と気がつくころです。

気がつかない人は、本当に新聞を読まなかった人か、

ザイニチ、もしくは、左翼、そうでなかったらただのバカです。




そういえば、海外の靴がなぜあんなに高いのか、と言う話をジョシダイセー時代に友人としたことがあります。

それは、国内の靴メーカー・・・もともとはヒサベツ部落の主産業であった・・・を保護するため、

靴には高い関税がかけてあると聞いたことがあります。

どうなんでしょうね。

肉も実は同じで、トサツ業を営む人、また精肉業を営む人は、

かつては主にヒサベツ部落の方が行っていたため、それを保護するよう強い圧力があり、高い関税がかけてあるとかいないとか。

ところで、モーターショーが始まりましたね。

台北モーターショーに行ったことがあります。

韓国のモーターショーでスケスケの格好をして話題になったイベントコンパニオンの話がありましたが、

台湾でもありました。

ちなみにそのブースは、ダイハツ。

これとは違って、

フィギュアスケートの衣装みたいな肉襦袢に大事なところだけスパンコール等がついたもので、とんがり帽子もかぶり、

ドキ!とする衣装でした。

おねえさんが出てくるたび、黒山の人だかりでした。

もちろん、私も近寄りました。オホホ。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。