ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 聖戦予防のため?TOPアノ人たち ≫ 聖戦予防のため?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

聖戦予防のため?

イスラム武装組織、「天安門広場の車突入は聖戦」 追加攻撃も予告

【AFP=時事】トルキスタン・イスラム党(Turkistan Islamic Party、TIP)を名乗るイスラム武装組織がインターネットでビデオ声明を公開し、先月28日に北京(Beijing)の天安門(Tiananmen)広場で起きた自動車突入炎上事件は「聖戦」だと明言するとともに、今後の新たな攻撃を予告した。米民間情報機関SITE インテリジェンス・グループ(SITE Intelligence Group)が明らかにした。


 SITEによると、8分間のビデオ声明には、TIPの指導者アブドラ・マンスール(Abdullah Mansour)氏が顔をぼかして登場し、北京の事件を実行したのは「ムジャヒディン(イスラム聖戦士)」だったなどとウイグル語で述べるとともに、天安門広場に面し、中国共産党(Communist Party)の会議などが開かれる人民大会堂(Great Hall of the People)をウイグル人の戦士が標的にしていると警告した。


 事件ではガソリンが入った缶を積んだ車が天安門に突入し、車に乗っていた3人と巻き添えになった2人が死亡し、さらに40人が負傷した。警察は、車に乗っていた3人は新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)のウイグル人だったとしている。


 今回のビデオ声明にはっきりとした犯行声明が含まれていたかどうかは明らかになっていない。中国の国営メディアはビデオ声明について報じていない。


 一部の治安専門家は、TIPは中国や米国がテロ組織に指定している「東トルキスタン・イスラム運動(East Turkistan Islamic Movement、ETIM)」の親組織だとしているものの、TIPとETIMは同一の組織だという見方もある。


 中国の治安当局幹部は、天安門広場の自動車突入炎上事件の背後にETIMがいたという見方を示している。

【翻訳編集】AFPBB News



ということなので、もしかしたら、先の「防空識別圏宣言」は、


こんな事態を恐れているからかも。


天安門に飛行機が突っ込んだら、それこそ大事件ですよね。

ムスリムの中国入国が、厳しく制限されそうです。

が、不思議なことに、

中国とパキスタンはインドを巡って同盟関係にあり、

FTAも結んでいます。

対インドでまとまるか、アラーのもとでまとまるか。

パキスタンも苦しいところです。

パキスタンもインドも中国も核保有国ですので、

政府が表だって動くことはないでしょう。




すごく下世話ですが、

いまだに愛されているダイアナ妃の恋人は、

最後の人はエジプト人ですが、

その前にもパキスタン人と親密交際していらっしゃいます。

結婚して移住する気もあったとか。

申し訳ないのですが、あのまま長生きされたら、さぞかし厄介な問題を引き起こされていたことでしょう。

ムスリムとの結婚は、改宗を伴いますので。

だからといって、私は暗殺説をとるものではありません。

この方。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。