ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ UAEと原発と韓国とTOP日本 ≫ UAEと原発と韓国と

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

UAEと原発と韓国と

UAE。

世界有数の産油国にしてイスラムのお金持ちの国。

太陽もさんさんどころかぎらぎら降り注ぐ国ですね。

しかし、そんな国でもなんと原発を建設しています。

石油が枯渇することを見据えていて、生き残りを考えているんですね。

そして、あれほど太陽があっても、不安定な太陽光発電なんかに頼らず、

確実な原発を選びました。

その原発は自国で建設できないため、

輸入することになったのですが、

かつて話題になったように、なんと韓国から原発を輸入したのです。

UAEショック、日本の敗因
http://globe.asahi.com/feature/100802/02_3.html

2012年3月のことです。(鳩山時代)


この時、韓国は「60年間の長期保証」を餌に、

ダンピングすれすれの低価格で受注に成功しました。

噂によると、この時李明博大統領は、日本が民主党政権になったので、

日本が資金も技術も保証してくれるから大丈夫、と請け合ったとか。

http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/15328661.html

韓国の原発は、地震で止まった日本の旧型(アメリカGE製)でもないのに、

わりとよく止まったり、事故を起こしたりするようです。

今年http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=2408238

昨年http://japanese.joins.com/article/914/162914.html


さて、日本の反原発団体が、よく口にすることで、

日本もドイツのように原発を停止して、電気を隣国から輸入すればいい、というご意見。

隣国という時には、中国でも台湾でもアメリカでも北朝鮮でもロシアでもカナダでもなく、

韓国を意味していますね。

その韓国の原発が、こんな不安定なことに、なぜ誰も言及しないのでしょうか。

そして、簡単に原子力技術を手放すように言いますが、

それはすなわち、他国に市場を明け渡せと言っているのと同じことです。

こういう時に、必ずそういう人たちは、

「お金なんかより命の方が大事」

「利権がからんでいるからそういうことを言うんだ」と言いますね。

お金がないと、命も守れませんし、

利権がらみと言いますが、

大手原発メーカーだけでなく、ありとあらゆる業界が、これによって衰退していきます。

収益が上がらなくなれば株価も下がり、株価が下がれば、

株主である銀行や年金機構などの資金運用がうまくいかなくなり、

中小企業なんかは一発で吹っ飛びます。

円高もまた進み、輸出業(日本のほとんどすべての製造業)が衰退し、

外国人観光客も激減し外貨が入らなくなり、

普通の人は年に一度かに度がやっとの海外旅行がちょっとお得になるだけ。

海外旅行がお得になると、国内旅行の人気が下がり、

国内の観光地が衰退していき、

サービス業に従事する人はもとより、

観光地を有する地方自治体の税収も下がります。


事故の起きない原発を作る。

原発のゴミ処理を研究する。

そちらの方面に英知を絞りつつ、

さらに代替えエネルギーの研究もする。

それではいけないのかな、と思いますね。

なんにせよ、

国力が衰えたら、どんなきれいごとも何の意味も持ちません。



おまけ。


ドイツの再生可能エネルギーによる発電は、

成功という人と失敗という人といます。

その人が見たいと思う角度で見ると、どちらにも取れる、ということでしょうか。

ドイツと日本は、地形も違いますし、隣国とは海ではなく陸路でつながっています。

またEUという大きな経済圏に組み込まれていて、

決済もすべてユーロという共通カレンシーでされます。

日本のように、「反日を国是とする国」から

海を越えて、ローカルカレンシーの国から買わなくてはいけないというのとは、

全く環境が違います。

そして何を隠そう、

ドイツのおとなりフランスは、原子力先進国です。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。