ジュヌヴィーヴな毎日

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 貧乏人根性を捨てない限り永遠に貧乏人のままTOP日本 ≫ 貧乏人根性を捨てない限り永遠に貧乏人のまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

貧乏人根性を捨てない限り永遠に貧乏人のまま

私がそこそこ生きてきて、そしてあっちこっちの人々を見て、実感したことは、

タイトルとおり。

貧乏人根性を捨てない限り永遠に貧乏人のまま。


貧乏人根性をうまくくすぐり、自分たちだけ特権階級に収まるのが、

共産党幹部だったり、

組合貴族と言われるような労組の幹部。

くすぐられている方の普通の貧乏人は、サヨクに搾取されていることに気がつかない。

あなたの治めている組合費。

組合費だけで暮らしていける労働組合の職員。

おかしいと思いませんか?


赤旗は、そんな貧乏人根性をくすぐるのが大好き。


政治資金で豪遊 2日に1回 一晩123万円も 
  集金力 前年の1.4倍 2億5600万円


◆政治資金収支報告
安倍晋三首相(衆院山口4区)が2012年に集めた政治資金は、前年の約1・4倍の2億5600万円にのぼることや、ほぼ2日に1回の割合で、料亭などで飲み食いしていたことがわかりました。

安倍氏の資金管理団体「晋和会」、安倍氏が支部長を務める「自民党山口県第4選挙区支部」などの12年分の政治資金収支報告書を調べたもの。

◆約8割が“利益”
晋和会は、「政経セミナー」名目のパーティーを3回開催、約1億956万円を集めています。ホテルの使用料などの開催費用は約1156万円で、約8割が“利益”というぼろもうけぶり。富士フイルムが100万円分、上野製薬が30万円分、製薬産業の政治団体、製薬産業政治連盟が150万円分のパーティー券を購入するなど、形を変えた企業・団体献金となっています。

晋和会は、「第4選挙区支部」に2175万円の寄付をしており、両団体のやりとりを除いた純収入は2億5674万円で、前年の1億8400万円を大きく上回りました。

一方、「第4選挙区支部」と同じ場所に事務所を置く安倍氏の関連政治団体「東京政経研究会」から5000万円の寄付も。同研究会の収支報告書によると、昨年12月31日現在、みずほ銀行に1億9683万5595円の預金があり、約1億9870万円ものカネを翌年に繰り越しています。

◆6軒以上ハシゴ
支出で目立つのは、組織活動費のうち、「行事費 本会会合費」名目の飲み食い。東京・赤坂の料亭や同・北青山のレストラン、同・銀座の地鶏焼き店、横浜の中華料理店、仙台の牛タン炭焼き店など、じつに179回、計1407万6874円を支出しています。


総選挙が公示された2日後の12月6日に6軒など、一日に6軒以上ハシゴしたケースが7回もあります。このうち、自民党総裁選で総裁に選出された直後で、民主党・野田佳彦第3次改造内閣が発足した10月1日には、東京・恵比寿のフレンチレストラン、同・平河町のふぐ料理店、中華料理店など8軒をハシゴ、一晩で計123万556円を支出していました。

収入は、企業・団体献金と国民の税金である政党助成金、そしてパーティーでかき集め、国民の苦難をよそに飲み食い―。安倍首相の「政治とカネ」の実態が浮かび上がりました。


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-11-30/2013113015_01_1.html


この記事を読んで、

安倍首相許せない!と思ったあなたは、永遠に貧乏人のままです。


企業献金。

その業界に利益をもたらすから、ダメ、という発想ですね。

むしろ利益を求めないのに献金する人がいるとしたら、その方が怪しいです。

ばかじゃね?です。

はっきり言って、共産党がもし第一党になったら、当然企業から献金が山のようにあります。

その時に断わるのか?という素朴な疑問。


利益を得ることに対する、ここまでの嫌悪感。

個人口座に入れて、使途不明金にしてしまったのならいざ知らず、

収支を明らかにして、翌年に繰り越すことの何がいけないのか。

これが違法なら、それを明記してほしい。

利益を出して選挙活動ができるようになるから、

不正な贈収賄がないわけで、

むしろ好ましいことではないのか。

また、政治団体は翌年以降に資金を繰り越してはいけない、という法律があるのか?

あるなら教えてほしい。無知なだけかもしれない。

卑近な例で恐縮ですが、

たとえばPTA会費等は、相当額が翌年度に繰り越されます。

というのも、実際にPTA活動のための支払いに回せるほど会費が集まるのは、

早く見積もって6月以降になるから。

こんなことは、当たり前。

そして、もし共産党の政治家が、年度末に綺麗にゼロにしているというのなら、

どこかでつじつま合わせのための不正があるはずですから、

それこそがおかしいです。


そして、6軒のはしご。

安倍総理が鉄の胃袋で、超グルメで、個人の趣味で食べまくっているのなら、

名目と事実が違うのですから問題ですが、

明らかに会食相手は違う人で、

会の運営のため=政治活動の一環で会食しているのですから、

一晩に6軒など当たり前です。

まして、この例に挙げられた時は、総選挙に向けて、

支持者と会合をする必要があったので、超当たり前ですね。

込み入った話を、社会的地位もある相手とするのに、

そこらへんの個室もないような居酒屋チェーンでやれと?

まさか、自宅でやれと?

党本部でやれと?出前で?相手を呼びつけるの?

さらに、こうして安倍首相が外食することで、

この店だけでなく、

店に納入する農産物の卸元、生産者、種苗会社、飼料メーカー、器具メーカー、

それを運ぶ運送業者、運送業者の使う自動車メーカー、おしぼりのリース業者、

その他にも、それらを入れる梱包材メーカー、梱包材商社、梱包材の印刷業者、

印刷する際のインクメーカー、

と、果てしなく潤っていきます。

もちろん、それらは巡り巡って、そこに働く労働者の賃金に還元されていきます。


ということに、気がついていないのか、いても知らんぷりするのかわかりませんが、

ひたすら貧乏人の屈折した感情を刺激するだけで、

どうやったら自分たちも豊かになれるか、

金持ちを非難して富の再分配を叫ぶだけで、具体的な方策を何も講じようとしない、

日本共産党は、貧乏人には何時までも貧乏人でいてほしいだけの、

偽善団体です。


さらに、高級レストランの隆盛=その国の文化程度の向上、でもありますので、

どこで外食したかがわかっていて、自分のお金で食べているのであれば、

何の問題もありません。

そして、実のところ、民主党菅直人元首相も、高級店で外食しまくりでしたね。

根っからセレブの鳩山夫妻に至っては言うに及ばず。

風前の灯火野田元首相は、たぶん外食してくれる相手がいなかったのではないですかね。

噛みつくなら、同様にカンナオト氏の外食にも噛みついていただきたい。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。