ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ アリバイ作りに一生懸命 訂正しました。TOPひとりBPO ≫ アリバイ作りに一生懸命 訂正しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アリバイ作りに一生懸命 訂正しました。

テレ朝。


佐野稔の解説を、

「フィギュアスケートの新名物 熱い解説」と特集していた。

名物でも何でもない。

ほとんどのフィギュアスケートファンと一般人は、

「うるさい」と感じています。

私が思うに、これはかなり電凸が行ったんじゃないでしょうか。

特に、金曜日のニュースバードの際、

「回転不足やスコア」について、スタジオから質問があった際、

「そんなことはどうでもいいでしょう」と軽く逆切れしたあたり、

9割の日本人フィギュアスケートファンと、全部の真央ファンの反感を買いました。

この方も荒川静香さんも、

日本スケート連盟の理事です。

佐野稔さんに至っては、1970年代に日本人初の銀メダル銅メダルという重鎮ですから、

この方のいう事が、連盟の考え方であると判断して間違いないでしょう。

つまり、

「浅田真央が回転不足で取られても仕方ないし、抗議する気は全くない。

ジャッジは絶対で、素人が口出しすべきものではない。

スコアで一喜一憂するのは選手として失格。

ファンも同じ」

アイスショーじゃないんだから、スコアで勝負して勝敗が決まるのですから、

「どうでもいい」わけないじゃないですか。

この方は、現役時代にも連盟のごひいきにあずかって、

アライバル五十嵐文夫を出し抜いて世界選手権に出られたことがあるので、

連盟には絶対服従の方です。

もう何十年も前から、「横入り」はフィギュアスケート界では常識だったんですね。

もうファン離れは進んでいると思う。

次のターゲットは、羽生君なんだろうな。


TBS。


特定秘密保護法について、

テレビと新聞が、相変わらずぐずぐずとアリバイ工作に必死ですね。

議論が十分になされていないと思う人は80パーセント以上、だの

安倍首相の支持率が内閣発足以降初めて下がった、だの。

誰に聞いたらこういう結果になるのか、

統計は誰がどうとっているのかも含めて聞きたいですね。

それと、議論が十分になされたと思うか、っていう項目、

必要ですかね?

民主党政権時代、国会の様々な決議について、

こういうアンケートってあったのかしら。

あの人たちこそ、「強行採決オンパレード」でしたよ。

テレビのアンケートって、たいてい電話で平日の昼間かかってきますので、

電話に出るのは、

①リタイア世代②子育て世代③学生④自宅警備員

自宅警備員が積極的に電話に出るとは思えないので、

ほとんど①リタイア世代ですよ。

留守電に答えさせるということをしない世代ですからね。

私なんかは、知らない番号からかかってきたら、一切出ないけど。


それと、しつこいくらい言いますが、

民主党で特定秘密保護法反対の最前線に立っていた、

白真勲さん。

あの方は、みなさんご存知のように、つい最近まで韓国人でしたね。

そして、韓国の新聞「朝鮮日報」の元日本支社長でした。

よりによって韓国のメディアの人間が、国籍変えてまでの国会議員ですよ!?

情報筒抜けで、ウハウハだったのが

そうはいかなくなるうえ、罰則を受けることになったので、

めっちゃ必死なんですよ。

大丈夫、日本は遡及法なんて言う野蛮なことはしませんので。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。