ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ イギリス ガーディアン紙までもTOPアノ人たち ≫ イギリス ガーディアン紙までも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

イギリス ガーディアン紙までも

2011年ですから、ちょっと古い記事ですが、今でもネット上に存在します。

http://www.theguardian.com/world/2011/sep/30/japanese-pop-girls-generation


Girls' Generation lead K-pop invasion of Japan

South Korean bands sweep 'cute' J-pop idols from charts to conquer world's second largest music market

girls' generation k-pop south korean girlband

For Kaori Kitakata, a devotee since she was introduced to the genre by Korean friends, K-pop is a change from the overtly cute mien cultivated by popular Japanese girlbands such as Morning Musume.

"The Korean girlbands look more professional," she says. "Japanese singers are more like the girl next door in the way they sing and dance, but Korean singers are better trained and more sophisticated."

Korean artists, the 28-year-old adds, appear less diffident than J-pop groups about their Asian identity. "J-pop female bands are cute, but in a very Japanese kawaii [cute] way," she says. "K-pop singers have a more Asian feel to them. That appeals to me. And their fans here appreciate their attempts to learn Japanese."


このKaori Kitakataさんの国籍がどちらで、一体どういう人物なのか、わかりませんが、

言ってることは、ざっと要約して、

「日本の女性アイドルグループは幼くってかわいいだけ。

でも韓国の女性アイドルグループは、もっとプロって感じ。洗練されてるし訓練されてる。

よりアジアンテイストよね。

日本も熱心に勉強してくれるし、すごく感謝してるわ」


これって、ほとんどの日本人がつい最近まで同じように思ってましたね。

あーあ。

いったい何億円ほど、韓国経済に貢献し、独島防衛や安重根記念館に寄付しちゃったことになるでしょう。

「日本お墨付き」作戦、本当に勘弁してほしいです。

日本では、「世界でも大人気」「アメリカでもヒットチャート入り」ってやってるくせに…。





ガーディアン紙のサイトをいろいろ見ていると、

ワールドニュースのカテゴリに「日本」はありません。「チャイナ」はあるけど。

日本はアジア太平洋州に入れらています。

リンクしている日本の新聞社を見ますと、

「ジャパンタイムス」

「デイリー読売」

「朝日新聞」

「毎日デイリーニュース」

こんなところと連携しているガーディアン紙って、日本の正確な情報を取れてませんよ、と思います。
調べてみたところ、政治的傾向は「社会自由主義」で中道左派。
読者層は労働党支持者か、自由民主党支持者(いわゆる第三極。今は連立を組んでいますが、キャメロン首相の保守党からしたら厳密には野党と言えます)。
イギリス・ガーディアン紙が伝えるところによりますと、と言われたら、
割り引いて聞いた方がよさそうです。
ちなみに、フランスでは「ル・モンド」紙がそれにあたり、こちらも中道左派。(最近は穏健派と言われていますがどうかな)
朝日新聞と仲良しです。
フランスの中道右派の新聞は「ル・フィガロ」こちらは、読売新聞と仲良しです。

というわけで、世界中さがしても「公正で公平な報道機関」なんてのは、どこにもありません。
受け取る側が取捨選択し、フィルターを取り除いて読み取る能力が必要ですね。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。