ジュヌヴィーヴな毎日

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 朝鮮読みTOPアノ人たち ≫ 朝鮮読み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

朝鮮読み

今話題騒然、積水ハウスの徐文平さんのニュース。

私は「ジョではない!日本語の読み方で呼ぶのは差別だ!」とお客様にキレて、

しかも会社ぐるみでバックアップして、そのお客様を訴え、

「慰謝料300万円と謝罪広告をするニダ!」と要求したんですってね。

その結果は、30万円の和解金。

事件というか、このこと自体は2006年のことのようです。

【在日】積水ハウスの在日韓国人・徐文平さん、「じょさん」と読んだ顧客を提訴。300万払え!!(NHKニュース)06/08/07

大手住宅メーカーの積水ハウス(大阪市北区)に勤務する在日韓国人二世の徐(ソ)文平(ムンピョン)さん(45)が、差別的な発言をされて精神的苦痛を受けたとして、大阪府内の顧客男性に慰謝料三百万円と謝罪広告掲載を求めて大阪地裁に提訴した。社員が顧客を訴える裁判に対し、会社が裁判費用を負担したり裁判出席を勤務時間と認めるなど、ほぼ全面的に支援することがクローズアップされ、反響が広がっている。

訴状などによると、昨年二月、徐さんはマンションの排水管詰まりの緊急工事報告書と今後の改修工事の見積書を持ってマンションオーナーの被告男性方を訪問。ハングル文字と漢字、カタカナの読みがなが入った名刺を見た被告男性は、漢字だけを見て『じょさん』と読んだ。

これに対し、被告男性は「差別意識に基づいて言ったことではない」と反論する。名刺については読みがなが小さくて見えず、『じょさん』とお呼びしたら、『違う』と怒鳴られて何を言っているのか分からなかった。そこから(表記を)どれか一つにしてほしいと言った。改修工事も断ると言っても聞いてもらえなかった」という。提訴を「人権で圧力をかけて自分の言う通りにさせる商売のやり方」と批判。両者の主張は全面的に食い違っている。

また、ソさんが勤める積水ハウスの広報部は「勤務中に起きたことなので、会社としても円満解決を試みましたが、解決に至りませんでした。被害を受けた従業員による人権救済のための提訴であり、雇用管理や社会的責任という観点から支援を行っていますと話しています。

http://www3.nhk.or.jp/toppage/errors/not_found.html


あの・・・・。

私は、台湾で暮らしていましたが、

日本人相手のご商売をしている方以外、

また日系企業で働いている同僚以外、いや、同僚でも

皆さん、後ろにローマ字で名前を書いてあるお名刺を渡したとしても、

皆さん、すべての漢字を勝手に中国語読みしておられましたよ?

語学学校なんか行くと、マンツーマンで日本人相手のところ以外は、

勉強のためもありますが、まずは自分の名前を中国語式の発音で言う言い方を習います。

浜崎あゆみなら(当時流行っていたのでよく耳にしていました)、ピンシープーです。

そんなのあったりまえのことです。

むしろ、外国人に自国の読み方、しかも感じという共通項がありながら、それを強要するなんて、傲慢もいいところです。

何の権利があって、よその国のよその言葉=文化にケチをつけるんでしょうか。

いったいいつの間に、朝鮮半島の人を現地語読みするようになったんでしょうか?

もしかして、朝鮮歌謡の歌手や朝鮮ドラマの俳優を日本に導入するための布石だったんでしょうか。

文化的に日本を侵略するための下準備?

誰が始めたの?


例えば、金大中氏は、昔は「キンダイチュウ」氏でした。

日本人が日本語でニュースを検分するなら、それで十分です。

こんな例えは不謹慎かもしれませんが、

毛沢東をマオズートンと言っても、日本人にはピンとこないし、誰のことだかさっぱりわかりません。

李承晩をイスンマン、朴正熙をパクチョンヒとか言うと、変でしょう?


なので、ここで大人気?朝鮮歌謡の歌手のお名前を漢字と日本語読みでご紹介いたします。


沈昌珉=チンショウミン

張根碩=チョウコンセキ

朴奎利=ボクケイリ

鄭允鶴=テイインカク

權志龍=カイシリュウ


誰か当ててね!男、男、女、男、男、です。

最後の方なんか、妙なリングネームより、こっちの方が男らしくていい感じです。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。