ジュヌヴィーヴな毎日

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 勝共連盟と言う幻想TOP日本 ≫ 勝共連盟と言う幻想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

勝共連盟と言う幻想

勝共連盟でググってみてください。


その意図をたいへん善意に解釈すると、

発足当時の共産党の台頭を危惧し、共産圏との最前線であった韓国を支援し、

ひいては日本も守ろう、と言うものだったと推察されます。

発足させたのが、統一教会、日本側は岸信介、であったことは、

秘密でも何でもないので、

巷間でささやかれているような「安倍晋三=統一教会」とは思いません。

しかし、勝共として韓国を支援する必要、メリットが果たしてあるのでしょうか。



習近平主席、韓国国会議長と会見

【新華社北京12月9日】中国の習近平国家主席は6日、北京の人民大会堂で韓国の姜昌熙国会議長と会見した。


習主席は次のように述べた。現在、中韓関係は良好に発展している。今年、私は朴槿恵大統領と何度も会談し、新たな情勢の下での両国関係発展の全般的方向を共に定めた。中韓の戦略的協力パートナーシップが充実、発展しており、中国は満足している。先月の中国共産党第18期中央委員会第3回総会(18期3中総)は改革を全面的に深めるための全体的手配を行った。双方が引き続きハイレベルの交流を続け、戦略面の意思疎通と相互信頼を強め、二国間関係をそれぞれの発展戦略と結びつけ、利益の一致点と協力の成長ポイントをより多くつくり、両国と両国人民により一層幸福をもたらすことを希望している。

(新華網日本語)

http://jp.xinhuanet.com/2013-12/09/c_132952320.htm


中国と戦略的パートナーシップが充実、発展、中国は満足…絶句。

もう韓国は、自由主義陣営でさえありません。

韓国は価値観を共有できる最も重要な隣国だ」と安倍首相は述べていますが、

どこら辺が共有できる価値観なのか、

今一度お聞きしたいものです。

これが社交辞令で、韓国に警告を発しているものとするならば、もちろん大賛成ですが、

大変わかりにくいメッセージだと思います。


とにかく、世界中で日本の悪口を言ってまわるという、前代未聞の外交を繰り広げている朴大統領。

これで戦争にならない方が、不思議なくらいな異常事態なんですよ?

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。