ジュヌヴィーヴな毎日

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 猪瀬都知事と南シナ海TOP日本 ≫ 猪瀬都知事と南シナ海

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

猪瀬都知事と南シナ海

今日にも、各都議に抗議のメールをしようと思っていたのに、

間に合いませんでした。


猪瀬都知事が辞意を表明されたそうです。


他の議事を中断させてまで、猪瀬知事を糾弾する意味が分かりませんでした。

犯罪ならば、警察様が調査してくださるので、

それからでいいではありませんか。

猪瀬知事をああまでしておろしたがった、各政党の本当の理由って何でしょう?

マスコミも、他に報道することも論評することもあるはずなのに、

あんなに張り切って、選挙運動員まで探し当てて取材するのって、

意味があるんでしょうか。

チャンソンテクも真っ青な、公開処刑、集団リンチ、ですよね。

しかも5000万円返したんでしょ?

選挙って、ポスター一枚、名刺一枚、チラシ一枚、みんなお金です。

貸したいっていう人がいて、借りたいっていう人がいたなら、成立しませんかね?

私がもし今度都知事に出るとしたら、資金がありませんので、

近所の大病院が「貸す」と言われたら、ありがたく借ります。

もちろんお返ししますけどね。(長期ローンで)

売らなきゃいけなかった東電病院。

選挙運動員を野宿させたならともかく、

マンション借り上げて止まらせてあげてたのに、疑惑。

いいですか。

犯罪ならまず警察様が捜査し、逮捕にいらっしゃいます。

もしくは起訴されます。

都議会は裁判所ではないのです。


猪瀬都知事の最大の功績は、五輪誘致成功でしょう。

他の誰がなしえたのか?

あの時、万一そのまんま東が当選していたら、

世界中に「淫行知事」として打電され、

IOCで何を言ってもダメでしょうね。

そもそも、石原前知事の肝いりの案件だったので、

「無し無し無し無し」と無しにされていたかも。

あの人は、政治家になってもまだ芸人根性が抜けなくて、

「ウケ狙い」しかもたいして面白くない、を繰り返す人でしたから、

国際舞台でも、自分だけ面白いと思うような、

不作法をしたことでしょう。


そして、私はマスコミがあそこまで猪瀬都知事を追いつめた理由がわかります。

それは、

「朝鮮学校の補助を打ち切ったから」


次にとんでもない人が当選したら(東京は、それがあり得る恐ろしいところです)、

復活するかもしれません。

都市博覧会中止だけを謳い当選し、あとは無能をさらした

青島元知事(故人)のように、

せっかく決まったオリンピックを「辞退します」とか言い出す輩が当選するかもしれません。

幸いなことに、すぐ選挙があるので、地方の帰化朝鮮人が東京に転居して、

選挙権を手にするには間に合わないですが。

東京オリンピックがなければ、

思い切り韓国のヒラマサ五輪に協力できますからね。

宇都宮健児とかが出てきたら、更に最悪。

朝鮮学校の補助は復活、オリンピックは自体、ヒラマサ援助は間違いないでしょう。

なぜか都議会で「反原発条例」が可決されたりするかもしれません。



そして、テレビが猪瀬&北朝鮮祭りを繰り広げてる間に、

南シナ海では一発触発の米中戦争の危機がありました。

こっちの方が大問題です。

昔、父が「台風が来る夜は、政府が勝手なことを決めるから要注意」と左翼丸出しのことを言っていましたが、

最近では「テレビが何かを大々的に報道するときには、陰で重大なことが起きている」と思うようになりました。



http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=2600374

中国艦船と米ミサイル巡洋艦が一触即発、緊急停止で衝突回避―中国メディア

2013年12月14日、中国海軍の艦船と米海軍のミサイル巡洋艦が南シナ海で衝突しそうになり、緊急停止していたことが分かった。環球時報が伝えた。


複数の海外メディアによると、米海軍のミサイル巡洋艦「カウペンス」が5日、南シナ海の公海を航行していたところ、中国艦船が停船を要求。カウペンスは航行を続けたが、中国艦船に航行を妨害され、衝突しそうになったため、回避行動を取った。米国防総省の関係者は、両者の距離は500メートルもなかったと話している。


中国海軍は空母「遼寧」の演習のため、編隊を組み、中国の青島港から出港し、南シナ海を航行していた。カウペンスは「遼寧」を監視していたとみられる。


米国務省によると、不測の事態を招く危険な行動であったとして、米政府は外交・国防ルートを通じて中国政府に抗議している。(翻訳・編集/TH)

14日、中国海軍の艦船と米海軍のミサイル巡洋艦が南シナ海で衝突しそうになり、緊急停止していたことが分かった。写真は中国の空母「遼寧」。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303747904579259073801032470.html

米中軍艦、南シナ海で接近 米側が回避行動

米海軍のミサイル巡洋艦「カウペンス」が先週、南シナ海の公海上で中国海軍の艦船との衝突を避けるため回避行動を取っていたことがわかった。米軍関係者が14日、明らかにした。


 米海軍の高官によると、中国の艦船が5日、公海上でカウペンスの前方を突然横切ろうとし、両艦船が異常接近した。このとき、米中の艦船は約200~500ヤード(約180~460メートル)しか離れていなかったという。同高官は「カウペンスは衝突を避けるために回避行動を取らなければならなかった」と述べた。

 米中艦船はこの直後、艦橋上で無線による交信を行った。米海軍高官によると、「その後、事態は収拾した。両艦船はそれぞれの航路を航行した。けが人はなく、発砲もなかった」。

 米国防総省関係者は現場が緊迫していたと述べた。中国は先月、東シナ海上空に防空識別圏を設定、米国やアジア諸国が懸念を表明していた。

 米海軍高官は外国の海軍の艦船が近くを航行して監視し合うことは珍しいことではないと前置きした上で、「このような行動は異常」だと述べ、一般論として両国海軍の協力関係の改善に資するものではないと指摘した。



蛇足ながら、

猪瀬都知事は元全共闘だったことを付け加えておきます。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。