ジュヌヴィーヴな毎日

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ ペンは剣よりも強しTOPひとりBPO ≫ ペンは剣よりも強し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ペンは剣よりも強し

ペンは剣よりも強しって、習わなかった?

あれって、だれが言い出したんだろう?

始めて習った時は、「すばらしい」と思ったものですが、


よく考えると、恐ろしく傲慢な言葉です。


インターネット辞典によりますと、


  • 意 味: 思想や言論が人に与える影響は、武力よりも強い力を持っている。
    • 読 み: ぺんはけんよりもつよし
    • 解 説: 
    • 出 典: イギリスの小説家・リットンの戯曲『リシュリュー』の中の言葉。
    • 英 語: The pen is mightier than the sword.
    • 類義語: 
    • 対義語: 


    だそうです。

    「リシュリュー」って誰?何?

    フランス王国の宰相にしてカトリック教徒、

    16世紀から17世紀にかけて活躍した、政治家です。

    このころの、ヨーロッパでは三十年戦争なる「最後の宗教戦争」があったり、

    フランス国内ではナントの勅令(懐かしいですね)等、

    カトリックとプロテスタントの壮絶な争いがあったりした時代です。

    この人がテーマの戯曲ですので、なんとなーく意味が分かっちゃったりしますね。


    さて、ペンは剣よりも強し、は本当です。


    地方の出身の方はご存じでしょう。

    いわゆる「ゴロツキ新聞」なるタブロイド紙以下の新聞が、

    各行政区ごとにあることを。

    その新聞は、最悪の場合、どこかの記事をコピーして貼り付けているだけなのに、

    地元企業主に広告料を出させています。

    広告をお断りすると、

    悪口が書かれます。

    嘘八百なことが多いのですが、それでも書かれりゃ困るので、

    やっぱり広告主として、いくばくかのお金を支払います。

    それだけではなく、購読もします。

    購読しないと、やっぱり悪口を書かれるから。

    以下輪廻していきます。


    私の地元のゴロツキ新聞は、私が成人するころにはちょっとまともになっていました。

    それでもやっぱり、

    受験シーズンになると、地元の公立進学校の国公立大学合格率をやり玉にあげたりしていました。

    もっと格下のゴロツキ新聞もありましたね。

    どちらの新聞も、市役所や銀行にも、ちゃっかり購読させたり、広告を出させていました。


    それを全国規模でやっているのが、今の大手新聞です。

    本当のこと憶測や希望的観測、社の方針や思想を加えずに書いている新聞はほとんどありません。

    いわゆるべた記事、国際面や経済面、政治面にある小さな記事くらいです。

    大きく報道したいことは、世間に広めたいこと、

    世間の耳目を集めたいことです。

    だから、都合のいい大企業の不祥事は叩きまくり、

    都合の悪い大企業の不祥事は通り一遍の報道で済ましたりします。

    裾野広く流通したイオンの毒米と、絶対数が少ないはずの高級レストランの食品偽造、

    実害はどちらが大きいでしょうか?

    そして、すべての責任を納入業者に押し付けたイオン、

    トップバリュの宣伝文句に偽りあり、と

    なぜどのメディアも突っ込まないのでしょうか。


          


    新聞を読んでます(キリッ)っていう女優さんとかタレントさんとかいますけど、

    むしろ残念な人、と思われるようになって久しいです。

    誰かの思想で翻案された意見を鵜呑みにしているのと同じです。

    もう読まない、購読していない、と言う方も多いと思いますが、

    それでも、まだ新聞を購読されている方は、

    大見出しでない記事に、是非着目してください。


    私はそこで、

    「中国がアメリカのトウモロコシを港湾でシャットアウト」などの記事を見つけました。

    もうしばらくしたら、

    突然大手マスコミが大きく、

    「アメリカ、農業団体が中国との和解を求める」とか言う記事になるかもしれません。


    北朝鮮祭り、猪瀬祭りに続いて、今度は「餃子の王将」祭りが、絶賛開催中です。

    目をそらされているうちに、何かが動かないか、

    目を凝らす必要がありますね。


    大東社長のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

  • スポンサーサイト

    Comment













    非公開コメントにする
    Trackback

    Trackback URL

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。