ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 日刊ヒュンダイTOPアノ人たち ≫ 日刊ヒュンダイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

日刊ヒュンダイ

日刊現代さんが日韓ヒュンダイさんなのは、

周知の事実ですが、

全日本選手権直前にこのくだらない記事を書く必要がなぜあるのかと言うと、

オリンピックくらいしかフィギュアスケートを見ない層に、

「やっぱ金妍児すげえじゃん」と思わせたいからですね。

もうそういうの、いいですから。

以下、青字が私の突込みです。


http://gendai.net/articles/view/sports/146799/2


韓国スケート界が断言 「真央はキム・ヨナに絶対勝てない」の根拠


ソチ五輪最大の注目競技といえば女子フィギュア。浅田真央とキム・ヨナの対決だ。日本のファンは浅田のリベンジを見たいし、韓国ではキムの連覇を願っている。(日本のファンはキムをライバルとは思っていません。ロシア勢の方がよほど脅威です)

 互いに23歳になった浅田とキム。この両者は今季を最後に現役を退くことが決まっている。「五輪の悔しさは五輪でしか晴らせない」とよく言われる。浅田は何とかしてソチの表彰台の真ん中に立ちたいはずだ。

■大人の女性と妖精

 が、韓国のあるスケート関係者は、「ソチでも浅田はキム・ヨナには勝てない」とキッパリ。その根拠は「大人の女性と妖精」」の違いだと指摘する。どういうことか?(妖精の方がすごくない?)

「23歳ともなれば演技で大人の色気が求められる。キム・ヨナにどれだけ恋愛経験があるかは知らないが、彼女の演技からはそれが伝わってくる。(てか、スポーツでしょ?色気って何さ?)前回五輪で踊ったミステリアスなボンドガールは日本のファンもよく覚えているでしょ。あれを見て、『キム・ヨナにバキューンとピストルで撃たれたい』というオジさんがたくさんいたと聞いた。(それって、佐野稔のことですね。当時私は結構な大企業のOLしてましたけど、私の周りでそんな酔狂なおじさんは一人もいませんでしたよ。)でも、浅田の演技を覚えている人はどれだけいるか? 覚えているのはトリプルアクセルのシーンだけじゃないですか」(私はキムさんの演技を覚えていませんが?)

確かに、キム・ヨナがSPで踊った「ジェームズ・ボンド」の最後に、両手でピストルを撃つジェスチャーはインパクトがあった。(それって、スケート技術に関係ないよね?)

「浅田は嫌みがなく、老若男女から愛されるキャラクターです。今でもそれは変わらない。昨季のSPで踊った『アイ・ガット・リズム』やエキシビションの『メリー・ポピンズ』は、最も浅田らしさが出た。彼女の良さは明るさと笑顔です。今はステップやスピンはかなりレベルアップしている。それでも男性を引きつけるような色気や表現力は乏しい。女心を表現するシーンは、子供が無理して大人の女性を演じているようで無理がある。(何度も言いますが、女心を表現するテクニックの必要がスポーツとしてのフィギュアスケート競技にあるのか?)だからトリプルアクセルというテクニックで勝負するのではないか。(それが真っ当なスポーツの在り方でしょう?)それは、92年のアルベールビル大会で銀をとった伊藤みどりと似ている。伊藤は表現力では太刀打ちできないから、女子では誰も跳んでいないトリプルアクセルを会得したのでしょう。(みどり様と真央ちゃん、さりげなく両方貶していますね。)キム・ヨナは今回のフリーで難しいタンゴの『アディオス・ノニーノ』で勝負する。(ゴールデンスピンの動画を見てください。ちっともタンゴじゃないですす。何をやっても、いつものキムヨナ)(韓国)スケート連盟のチョン審判理事は『今後、この曲を聴いたらキム・ヨナがすぐに浮かんでくることになる』と言った。決して大袈裟な話ではないですよ」(前出の関係者)(だから韓国の審判自体がおかしいんだから、参考にも何にもならないでしょう?)

 とはいえ、やっぱりファンは浅田真央の歓喜の涙が見たい。 (とってつけたようによく言うよ)


 エロ目線のご紹介ありがとうございます。

これだから、選手の転んだ時、スパイラルの時などの、変な写真が出回るわけですね。

リンクサイドでカメラを向けている記者のうち、何割がそういうショットを狙っているのかしら、と思うと気が重いです。

私の個人的な意見ですが、フィギュアスケートのコスチュームもアイドルの見せパンのように、

ショートパンツ型にする時期に来ていると思います。









色気とやら。 








 私の記憶にないポーズ。そんなに印象的でしたか?


キンケンジさんの画像は、調べてみればわかるのですが、

「上半身のみ」または「顔のアップ」が多いです。

私も詳しくないので、受け売りで恐縮なのですが、

肝心の足元=エッジが全然深く入ってなくて、

棒立ちのことが多いんですね。

スケーティング技術が高いと、ひと漕ぎでシューッと滑りますが、

下手だと、漕ぎ漕ぎしないと進みません。

ケンジさんは、相当漕いでいます。

スピンなども、動画で見ると軸がぶれぶれ、時々移動しちゃっています。

私は、ステップが結構好きなので、先日のGSの時のケンジさんの動画も、

ステップを待っていたのですが、

気がつかないうちに終わっていました。

どこがステップかわからないくらいなのにレベル4・・・・。

ずるずる滑っていただけなのに。

私を含めて素人は、

「転ばなかったから高得点だったんだ」と思いがちですが、

ケンジさんに限っては、

そうでなくてもレベル評価がたいへん甘く、

加点が著しいので、

男子より高得点で勝てちゃうんですよ。

転んでも謎の高得点、とかありますし。

バンクーバー以降、日本のファンも勉強したので、

こういうマスコミのケンジさんアゲ記事を見ると、

むしろ「お金もらったのね」「ザイニチなのね」と判断するばかりです。


昔のコンパルソリーとかを復活させた方が、納得のジャッジが見られるかも。







興味のある方は「浅田真央の戦ってきたもの」というサイトをご覧くださいませ。

http://www31.atwiki.jp/injustice/

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。