ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 天皇陛下の記者会見 お誕生日おめでとうございますTOP日本 ≫ 天皇陛下の記者会見 お誕生日おめでとうございます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

天皇陛下の記者会見 お誕生日おめでとうございます








先ほど、ニュースで陛下の記者会見の一部を拝見しました。


「天皇と言う立場は孤独なものであるが、

結婚することにより、

大切にしたいものを共有することができたことは幸いなことでした」

旨、ご発言されました。


陛下が大切に思っていらっしゃるのは、

「日本」と「日本国民」です。

それを共に大切に思ってくださるのは、

皇后陛下と言うことですね。


ありがたいことです。







私は、実はアメリカから輸入された、

「家族が一番大事よね」という風潮に、

疑問を持っています。

そんなことを言ってるわりに、

なんであんなに離婚が多かったり、

ステップファミリー問題が多いのでしょう。

アメリカ様お得意の「偽善」ですね。


もちろん、家族は大事です。

親が大切、っていう若い人も増えていますね。

なのに、なぜ『親孝行しろ』という

教育勅語は拒否されるのでしょう?

なぜ、経済的にゆとりのある者が扶養義務を怠り、

生活保護を不正受給するのを寛容に見守れるのでしょう?

「家族が一番大事」というのには、

「自分とこさえ良ければいい」というのがセットでついてくる場合が多いです。









でも、一番言いたかったことはこれ。

「家族が一番大事」という天皇は要りません。








みんな、さらっと流していますが、皇太子殿下は記者会見で、

愛子様の不登校問題について、

「乱暴な男の子」という一般人のせいにして、

衆人環視のもとやり玉に挙げて晒しています。

学習院という私学が、どのように教員を採用したり、

どのように児童を選抜しているか、

我々はあずかり知らないことですが、

この皇太子の発言は異常です。

当事者からしたら、どういう気持ちになるでしょうか?

普通の親なら、「あの子が悪い!」と学校側に言いつけることもありでしょう。

それでも、普通は双方の言い分を慎重に調査し、

その上で判断しますし、事件性のないものなら、

わざわざマスコミに発表などしません。

愛子様が、東宮家のお子様ということで、

関心が高いため発表されたというのがイクスキューズなんでしょう。

しかし、

「周りのお子さんにもご迷惑をおかけしますので」と

発言を控えることもできたはずですし、

本当に教育的である親ならば、

困難を乗り越える力、を子供に学ばせる機会、ととらえるはずです。

国民の象徴であるべき皇室の方が、

当然のことのように、「一般国民のせい」にしているこの異常事態、

もっと皆さん注目してください。



最後にもう一度。


お誕生日おめでとうございます。

千代に八千代に、と祈ります。











スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。