ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 靖国参拝について。TOPひとりBPO ≫ 靖国参拝について。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

靖国参拝について。

多くの皆さんが記事にされているのうえ、

私自身は「参拝するのもしないのも個人の自由」と思っているので、

マスコミの作戦に乗っかって、テレビで大騒ぎする「祭り」に参加したくはなかったのですが、

いちおう、

「ひとりBPO」活動を自ら任じておりますので、

NHKとTBSをチェックしました。


大掃除もちょっと中断です。


どちらの局も割と冷静でしたね。

TBSなんかは信じられないほど、どっちかっていうと「好意的」だと感じました。

又も政治局長がお出ましでした。

面白かったのが、

①官邸でも菅官房長官以下みんな反対しているけれど、首相自身の信念で行った

②今の安倍政権支持者の中にも靖国参拝を支持する層と支持しない層とあるので、これで支持率が動くことはない。

③韓国や中国には、配慮しても関係ないことがわかってしまった

④自民党の中にも参拝に反対する人がいる

⑤むしろ問題はアメリカとの関係、そして公明党との関係

でした。

こちらがどれほど配慮しても、中国様や韓国様が態度を軟化させることはないことは、

どんなにマスメディアが取り繕っても、もう視聴者も知ってしまったので、

中韓が反発するからやめなさい、とは、

さすがにテレビで大きな声で言えなくなったのかな?

首相の参拝に反対する自民党の人って、






この 

この方とか、 この方とか 、この方とか

かな??と思ったりして。


NHKは解説委員をスタジオに呼び、「重大な政治的な問題」のような扱い。

そして、空撮までして上空から神殿の様子を撮影。

その上、たぶん、これをリアルタイムでNHKワールドで世界中に流しています。

つまり、「首相の靖国神社参拝は特番が組まれるほどの政治的大問題です!」と

世界中に宣言してるのと同じです。


中国様も、ずっと以前は周恩来首相が参拝されたくらいですから、

元々は「どっちでもいい」話だったはずです。

全部朝日新聞のご注進によるものなんです。


ところで、中国様韓国様は、予想通りの「大反発祭り」が始まっています。

それは想定内でしょうから、何の問題もありません。

以前の日本人なら、「そりゃいかん、大問題だ、どうしよう、オロオロ」となったことでしょうけど、

そんな事態になることは、永遠にありません。


韓国様は、「これでまた日韓首脳会議が遠のいた」とおっしゃってるようですが、

こちらはあまり困らないので、いいんじゃないでしょうか。

中国様も、ここで一発かつてのような大規模な反日デモを政府指導で起こそうものなら、

今度こそ、反政府デモにつながりますので、そんな無茶はできないはずです。

自衛隊機を撃ち落そうものなら、それこそ、国際世論がだまっていません。

文句を言ってるのは、自分たちだけ、

アメリカ様も本音ではどっちでもいいけど、同盟国同士がもめてほしくないから、

理性的に動ける日本側にとりあえず譲歩を求めただけ、です。



公明党は、創価学会なので、他の神社仏閣への参拝を信徒に禁じていますので、

そんな宗教の持ち主に、靖国参拝についてコメントしていただくのは、

ちょっと変な気がします。

それと、

普通の日本人は、親族の誰かが戦没者だったり、ご近所のどなたかが戦地でなくなって

靖国神社に名簿と遺影があるはずです。

それなのに、「反対!反対!」という人は、

本当に日本人なのかな?と最近は思うようになりました。


そして、いちばんおもしろいのが、

今夜は「報道ステーション」と「ニュース23」がないこと!

ざまあみろ!って感じ。

そういう意味でも、安倍首相は最高のタイミングで参拝されましたね。

明日のワイドショーで喧々諤々やるんでしょうけど。


ではこれから、また大掃除に戻ります。

かなり捨てました!

綺麗にして新年を迎えましょうね~。


真央ちゃんが金メダルを取って、

安倍首相が電話で祝福。


いいね!


大掃除のBGMはこちら。

浅田真央スケーティング・ミュージック2013-14(DVD付)/オムニバス(クラシック)
¥2,500
Amazon.co.jp



LEVEL3/Perfume
¥3,059
Amazon.co.jp

盛り上がります。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。