ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 韓国様 左翼様 鉄道職員様TOP日本 ≫ 韓国様 左翼様 鉄道職員様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

韓国様 左翼様 鉄道職員様

靖国参拝で韓国政府が激おこ!とは毎日ニュースで報道されていますが、

韓国ウォッチャーの皆様は、韓国で大規模なデモがあり、

それを朴政権が警察を投入して抑えようとしたことはご存知ですよね。

はっきり言って、即時何か実効力があるわけでもない、

あくまでも個人の心の問題であるべき靖国参拝なんかよりも、

こっちの方が、韓国様にとっては大問題なはずです。


レイバーネット様より

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/strike/2013winter/1388135175745Staff


鉄道スト国際問題に...鉄道労組、民主労総に国際連帯の波

民主労総侵奪以後、連帯メッセージが殺到...香港・日本・トルコなどが韓国大使館の前で抗議デモ


チョン・ウニ記者 2013.12.27 12:31

鉄道民営化を阻止する鉄道労組のストライキが国際的な問題に広がっている。

12月27日、民主労総は報道資料で「鉄道労組の正当なスト権を抑圧し、労働組合を 暴力的に攻撃する朴槿恵政権に対する抗議が世界各地から降り注いでいる」 と明らかにした。22日、鉄道労組指導部の逮捕令状執行を理由として、警察が 不法に民主労総を侵奪する場面が生中継される間、この知らせはSNS等を通じて 全世界に伝えられた。各国でこれに対する抗議行動が行われ、この知らせはまた 民主労総に続々と入ってきている。民主労総は「クリスマス休暇のシーズン であることを考えれば、海外の反応は非常に異例」とし、現地からの便りを伝えた。

民主労総によれば、海外での抗議行動は、韓国大使館と領事館の前での抗議行動や 抗議書簡などさまざまな形態のデモが行なわれている。

インドネシア、オーストラリア、ルーマニア、ニュージーランド、ナイジェリア、 トルコ、ミャンマー、ノルウェー、香港、日本、など多様な地域の鉄道労働者などの 労働者たちは、現地の韓国大使館と領事館の前でデモを行い、民営化に反対する 韓国鉄道労働者たちのストライキの正当性を支持し、これを弾圧する韓国政府を 糾弾した。ジョージアのある労働者が「不幸にもジョージアには韓国大使館がない」 と指摘する程に、海外での鉄道ストライキに対する関心と支持は高い。


長いので中略


▲トルコ駐在韓国領事館の前でのトルコ労働者の鉄道ストライキ連帯デモ場面[出処:民主労総]


日本では、全国建設運輸連帯労働組合と全国コミュニティユニオン連合会に所属 する20人ほどの労働者が12月25日午後3時、東京の駐日韓国大使館を訪れ、 「過去の軍事独裁政権を思い出させる程に法を無視した蛮行」と韓国政府を糾弾した。


さらに続くので後略。




日本でも、今から30年近く前に国鉄民営化が大問題になりましたが、

労使の歩み寄りと、国民の足であることを誇りに思う多くの国鉄職員の良識のおかげで、

大混乱を招くこともなく、無事民営化に至りました。

民営化の是非はいろいろお考えがあると思いますが、

イデオロギー闘争に国民生活が利用されることがなかったのは、

日本人として誇りに思っていいと思います。


それにしても、純粋な国内問題であるはずの「韓国の鉄道民営化問題」を

なんで、外国まで巻き込むのか、迷惑だなあと思いませんか?

どんなによその国の労働者が、韓国大使館前で抗議しようと、

その国の台所事情は変わらないし、

口をはさむ資格も権利もないのに、

常に外国を巻き込むやり方。

どこかで見たなあ、と思ったら

戦地売春婦問題について活動する皆さん、

あっちこっちで日本の悪口言いまくりの大統領、

官民挙げて、たんなる韓国の伝統だったんですね。

100年まえにはハーグ密使事件なんてのもありました。



それにしても、韓国様、日本の首相の靖国参拝なんかに、

激おこプンプンしている余裕はあるんでしょうか。

IMFのストレステストの結果はもうすぐ。

IMF理事に韓国人を送り込んであるので、心配していないのかもしれませんね。


そして何より、この労働争議のバックにいるのは、

韓国の左翼団体!共産主義者です。

つまり親北勢力。

朴大統領は、選挙の透明性も疑問視されていますし、

国内で記者会見を開いたことがないという、

信じられない事態になっています。

共通の敵「日本」がないと、政権が根底からがたたがになってしまう、

危うい政権なのです。

なので、

今回安倍首相が靖国参拝したことで、

朴政権は首の皮一枚つながったと感じていることでしょう。

内心の内心では感謝しているかもしれませんね


南スーダンで年越しされる自衛隊の皆さんが、

ご無事でありますように。

皆さんも、良かったら一緒に祈ってくださいね。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。