ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 南スーダン事態は悪化の一途TOPアノ人たち ≫ 南スーダン事態は悪化の一途

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

南スーダン事態は悪化の一途

南スーダン・ボルに反乱軍民兵が進攻か 国連、武装集団を確認

南スーダン・ボル(Bor)の空港を反乱軍から奪還した政府軍の兵士ら(2013年12月25日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】国連(UN)は29日、政府軍と反乱軍の戦闘が続く南スーダンの要衝ボル(Bor)近郊に、武装した複数の集団を確認したと発表した。


 国連の偵察機が、東部ジョングレイ(Jonglei)州の州都であるボルの近郊50キロの地点に複数の集団を発見したという。ボルはこれまでに、同国のサルバ・キール(Salva Kiir)現大統領とリヤク・マシャール(Riek Machar)前副大統領との間での権力闘争の中心的舞台となってきた。


 南スーダン情勢をめぐってはこのほど、マシャール前副大統領を支持する若者たち数万人が武装してボル周辺で集結し、政府軍を攻撃するためにボルに向かっているとの情報が出ており、国連が「極めて憂慮」していると表明したばかりだった。(後略)

http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryinsertinput.do



ボルは、ご存じ、韓国軍が駐留している都市です。

まさに、内戦の主戦場になろうとしています。

銃弾は足りている、

予備を借りただけ、

集団的自衛権の行使のための口実にしている、

武器三原則に反している・・・なんて、悠長な話をしている場合ではないのです。

まさに、事件は現場で起きている。

待ったなしの状態なのです。

現地の韓国軍の皆さんは、どんな心持なのでしょうか。

帰国されたら、きっと「自衛隊から恩着せがましくされた」とか言っちゃうんでしょうけど、

それも命あらばこそ、です。


潘基文国連事務総長も、

何年も前に終結して、条約も結んだ戦争のことでごちゃごちゃいう暇があったら、

南スーダンに赴きなさいよ。

せめて、隣のスーダンとか、エチオピアくらいには行けるでしょう。


潘基文先生の登場で、中韓の靖国批判が一気に胡散臭いものに感じた人は、

世界中にとても多いと思います。

それくらい信用の無い、無能の誉れ高き潘基文先生。

韓国製品を国連に導入しまくり、

東海のビラを国連で配り、

韓国交響楽団を国連のコンサートに出させたり、

国連の車をヒュンダイにしたり、

韓国人スタッフを大量に雇ったり、

一発屋の韓国人タレントと写真を撮ったり・・・・

国連の権威を失墜させた事務総長として、

世界史に残ることでしょう。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。