ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ もはや戦後ではないTOPアノ人たち ≫ もはや戦後ではない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

もはや戦後ではない

1956年(昭和31年)の経済白書の結びの言葉として、

あまりにも有名な言葉。

「もはや戦後ではない」

まさに、当時の流行語大賞でありましょう。

じぇじぇじぇ、なんていうウソ流行語の比ではありません。


そうです。

もはや戦後ではありません。


むしろ。

戦争中です。


私は、常々言っていますが、

日本と韓国は、武器を持たない戦争中である、と認識しています。

なので、笑韓・呆韓等という気持ちにとてもなれないのです。

あの、しつこく手段を選ばず世界中で熱心に行われている、

ジャパンディスカウント運動とそれにかかるロビー活動。

サムスンマネーどころか、たぶんパチンコマネーも使われているでしょう。

表の経済はサムスン、裏の経済はパチンコと芸能界とカルト宗教。

昏い執念、というものを感じます。

既に日本はマスコミが取り込まれています。

恐ろしくてたまりません。

政治も、あと一歩のところまで乗っ取られていました。

今やっと取り戻しかけたけれど、

まだまだ安心とは言えない。

自民党の中にだって、なりすましをはじめ、媚韓の人はいくらでもいる。

私は今のところ安倍首相を支持してはいますが、

様々な背景もあり、やっぱり注意深く見守っている部分があります。

麻生副総理も同じです。

日韓海底トンネルは地元では「太郎トンネル」と言われているとかいないとか。

九州の地元の支持者が、

「地元の振興のために必要なんだ」と強く陳情したら、

どうなるかわかりません。

小泉進次郎議員も同じです。

彼の祖父の怪しい出自はもとより、外国人参政権について明言していないところなど、

やっぱり要注意です。

もちろん、これは私の見方考え方なので、

皆さん、それぞれ資料をひもといたり、ご本人の講演会に出席するなどして、

ご自身で判断されればいいと思います。

自民党の中にも、古賀、野中、河野という、

このネット時代だからこそ明らかになった「後ろ暗い過去」のある人もいましたし、

現に自殺された新井将敬という北朝鮮籍から帰化した議員もいました。

だから、自民党だから絶対安心というわけではないのです。

アメポチも同じように嫌だ、という人もいるでしょう。

TPPは売国制政策

そういう方はそういう方で、ご自分で調べ、活動してください。

私自身は、とにかく「韓国」と「中国」に絞っていきたいと思っています。

なので、TPPなんかよりももっとダイレクトに影響のありそうな

日中韓FTAについて、マスコミもJAもダンマリなのが、とても怖いです。

靖国参拝で、今のところは停滞するでしょうが、

前言撤回なんて、何とも思わない両国です。

いつ何時、どういってくるかわかったものではありません。


ここで、有名な魚拓を貼っておきます。

ご存じの方も多いと思います。

http://megalodon.jp/2008-1114-0443-41/messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=5&board=552022058&tid=cf9qa4nhbfffca5ga5b&sid=552022058&mid=83344

yahoozainichikaiwa1.jpg

これはザイニチの皆様がヤフーで会話されていたものです。
日本人なら、一度は目を通しておいても損はないと思います。

周りの方にも、ぜひ知らせてください。


りか@おみくじは小吉でした。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。