ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 前々から不思議に思っていたことTOP普通のブログ ≫ 前々から不思議に思っていたこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

前々から不思議に思っていたこと

難民キャンプのニュース映像を見たことがある人は多いと思う。


たいてい乳飲み子を抱えた若い母親がいる。

まったく気の毒だと思う。

私はずっと、生まれたばかりの赤ちゃんを連れて逃げてきた女性だと、

ずっと解釈していた。


しかし、ある時長期にわたる難民生活を強いられる人々、の報道を見て、

疑問に思った。

なぜ、難民生活で子供が生まれるんだろう?

若くて考えがなくて性善説しかなかった私は、

「子供を持つことで希望を持つのだろう」

「新しい命が芽生えることは未来につながることだ」と

左翼女性顔負けのおめでたいことを考えていた。


実際は違うのだ。

http://www.unhcr.or.jp/ref_unhcr/camp/camp_09.html

国連難民高等弁務官事務所のHP。



女性

難民の約8割は子どもと女性で占められています。夫が兵士として連れて行かれたり、殺害されたりした女性は、家長として、子どもたちを養い、守っていかなければいけません。重度の栄養失調で苦しむ子どものために、3時間ごとに指示されたわずかな流動食を与え、付き添うのも母親の役目です。

また、少女も母親を手伝って、空の容器に水を汲んで運んだり、家族のために何キロも歩いて薪(たきぎ)を取りに出かけ、母親の料理の手伝いをしています。一方、キャンプでは一般の経済活動が禁止されるため、仕事のない父親たちはほとんど家の中で過ごしています。

しかし難民キャンプで生活する女性は、社会的差別だけではなく、暴力やレイプなど、身の危険を感じることもあります。逃げるときに、兵士やゲリラから受ける性暴力の可能性はもちろん、難民キャンプに入ってからも、キャンプの警備兵や同じ難民に襲われたり、脅かされたりしています。難民になったことで男の役割やその責任を果たせなくなった夫から、その苛立ちを暴力という形でぶつけられることもあります。

妊婦や授乳する女性は、鉄分やカルシウムなどの栄養不足に悩まされます。難民生活では、食糧は世帯主の男性に配給されるため、結果として食糧が女性の手へ渡らずに、男たちの手を経て反政府勢力の手に渡ったり、闇市場で売られることがあります。その上、病気で倒れても、子どもの面倒を見なくてはいけないために、治療を受けに行く暇もないのです。

UNHCRでは、難民女性のニーズに考慮して、自転車の修理や大工仕事など、収入を得るための職業訓練を提供しています。ソマリア難民の住むキャンプでは、難民女性協会が運営する簡易な喫茶店があります。UNHCRはこの協会を支援しています。

ケニアの難民キャンプで生活するスーダン難民の少女
UNHCR/W. STONE

タンザニアからの帰還の準備をすすめるブルンジ難民 UNHCR/L. Taylor



日本でも、神戸や東日本大震災の時、避難所でレイプされる女性があったと聞きました。

私は女性なので、なんでそんな飲まず食わずで、寝るところもない、風呂も入れない、明日をもわからないような状況で、

そういう事がしたくなるのか、まったく理解できないのですが、

誰か説明してくれませんかね?


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。